ヴォーカリスト、プロデューサーとしてマルチに才能を発揮するKAMIJOの活動記録

 

ヴォーカリスト、プロデューサーとしてマルチに才能を発揮するKAMIJOの活動記録

kamijo <出典:wmg.jp>

ヴィジュアル系ロック界の鬼才と言われ、バンド活動に加えてソロ活動でも才能を発揮し続けるKAMIJO

伝説的バンドLAREINEの主要メンバーであり、その後のVersaillesでも活躍した軌跡に加えて、ソロ活動の数々を見るとKAMIJOの孤高すぎる才能ゆえに紆余曲折をしてきたことが分かります。

ここで改めて、KAMIJOという人物のスゴさとそれぞれのバンド活動、ソロ活動が残したものを再評価してみましょう。

■音楽活動開始からLAREINEまで


LAREINE <出典:bh-fiancailles.deviantart.com>

神奈川県に生まれて音楽との出会いはポール・モーリアというヴィジュアル系でもロックでもないアーティストというのもKAMIJOらしい気がします。このエピソードからも分かるように、KAMIJOの音楽性はとても広く、ロックからメタル、プログレッシブ、ポップスなど多岐にわたっています。

音楽活動としての原点は、あのMALICE MIZERのローディーを務めていた頃にさかのぼります。

そして1994年、KAMIJOにとって最初のバンド活動であるLAREINEを結成しました。全国ツアーも成功させ、1999年にはメジャーデビュー、中野サンプラザでのワンマンライブを成功させるに至りましたが、翌年の2000年にはKAMIJO以外のメンバーがLAREINEを脱退してしまいます。一人LAREINEはその後すぐに活動を休止、また復活をするものの、2006年に事実上のピリオドを打ちました。

■Versaillesとしての活動と、その後のソロ活動

Versailles バンド <出典:matome.naver.jp>

2006年にLAREINEを無期限休止した後に結成したのがVersailles。KAMIJOの音楽性が高く評価されたこともあって、このVersaillesはヨーロッパのレーベルと契約しての活動になりました。Versaillesは2012年まで活動をした上で正式に活動休止となりました。

以後のKAMIJOはソロ活動を行っており、ヴィジュアル系のヴォーカリストとしてだけでなく音楽プロデューサーとしても各方面で活躍しています。

ヴィジュアル面でのKAMIJOは「ベルサイユのばら」が好きということもあって、特にLAREINE時代は「ベルばら」を思わせるような衣装とメイクで舞台に立っていました。

kamijo <出典:natalie.mu>

たくさんある音楽の引き出しから繰り出されるKAMIJOの才能は、まだまだこれが全てではありません。これまでの活動を経て新たなバンドを結成するのか?ソロ活動をさらに進化させるのか?まだまだKAMIJOがシーンを引っ張る姿から目が離せませんね。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!