渋谷でV系バンドを見放題、聴き放題!「渋谷が大変」の出演者など最新レポ

TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、TSUTAYA O-Crest、そしてshibuya duo MUSIC EXCHANGEの5会場がヴィジュアル系バンドにジャックされる巨大フェス、「渋谷が大変」。
渋谷が大変 <出典:ticket.st>

8/10、本当に名前の通り渋谷が大変なことになったイベントでした。

総勢49バンド+シークレットという他に類を見ない出演者数、5会場それぞれをはしごしてお気に入りのバンドをチェックできるとあって、全バンギャにとってマストイベントと言っても良いでしょう。

そんな「渋谷が大変」のライブコンセプトなどの情報、そしてライブレポートをご紹介します!

 


■もっと自由に、気軽にヴィジュアル系を楽しむフェス

ヴィジュアル系に限らず日本の音楽聖地でもある東京・渋谷。
そこで開催されるヴィジュアル系に特化したフェスとしては、おそらく史上最大の規模です。

5つある会場それぞれで30分~1時間半くらいの持ち時間に予定されているだけでも総勢49バンドが夢の競演を繰り広げます。
同じ会場で聴くもよし、あちこちの会場を渡り歩いてお気に入りのバンドをチェックするもよし、もっと自由にヴィジュアル系を楽しむイベントして企画されました。
渋谷が大変 <出典:vif-music.com>

出演者リストを見ると、これさえチェックしておけば今のヴィジュアル系シーンはかなり網羅できるんじゃないかという顔ぶれです。
よくこんなにたくさんのバンドが集まったなぁと感動してしまいます。

 

V系の最前線を走るバンドが勢ぞろい!


ペンタゴン、ALDEBARAN、少年記、弾丸NO LIMIT、摩天楼オペラ、アルルカン、BugLugなどなど、忙しそうなバンドも多数なのでひとつのフェスに一堂に集まることの意義を余計に強く感じます。

実際に行った方の感想を見てみましょう・・・!




そうなのです!! 予告されていたシークレットは『MERRY』!!

これには歓喜の声が!!

 




■今年で3回目、史上最大の規模になった「渋谷が大変」


この「渋谷が大変」は今年で3回目の開催です。 初回、2回目と徐々にパワーアップをしてきて3回目の今回は史上最大の規模となりました。 もちろん来年の開催にも期待が膨らみますが、これだけたくさんのバンドを集めるとなると並大抵じゃありませんよね。 公式アカウントでは、イベント後こんなツイートが・・・!


また来年も渋谷が大変になるのかも・・・!?

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!