THE SLUT BANKSの活動史とメンバーのプロフィール、音楽性について

THE SLUT BANKSは1996年に結成され、一旦は解散を経て、2007年に活動を再開、そんな活動史を持った日本のロックバンドです。

メンバーのプロフィールを探れば、音楽業界に如何に大きな足跡を残してきたのかは一目瞭然です。日本が生んだ大御所のロックバンドです!

THE SLUT BANKSの活動史について


THE SLUT BANKS <出典:http://slutbanks.jp/biography>

THE SLUT BANKSは1996年に結成、インディーズで1枚のミニアルバム、その後メジャーデビューし、3枚のオリジナルアルバムをリリースしますが、ボーカルのTUSKが、CRAZEの4代目ボーカルとして迎え入れられることが決定し、THE SLUT BANKSを脱退、一旦解散しました。

しかしCRAZEが解散したことでTUSKが再びTHE SLUT BANKSに加入、2007年に再結成を果たしました!

インディーズに活動の舞台を移しながらも、各所で地道にライブ活動を行い、ミニアルバムを含めた数枚のアルバムをリリース、そして今年2016年にはアルバム「ROXY BABY」で再びメジャーデビューを果たした大御所のロックバンドです。

THE SLUT BANKSの各メンバーのプロフィール


THE SLUT BANKS <出典:https://www.youtube.com/watch?v=KjXbgP3s_eY>

THE SLUT BANKSは現在、ボーカルのTUSK、ギターの参代目ACE DRIVER、ベースにDUCK LEE、ドラムにカネタクのメンバー4人で活動しています。

ボーカルのTUSKはかつてビジュアル系ロック史に影響を与えたZI:KILLのボーカリストでもあり、XJAPANのHIDEとも共演を果たした弟分的な存在でした。

またDUCK LEEこと戸城憲夫は、1980年代にメジャーシーンで活躍したZIGGYのメンバーでもあり、メインのソングライターでもありました!

さらに参代目ACE DRIVERは黒夢解散後に清春が結成したSADSのオリジナルメンバーで、そこへ若手のカネタクが加わることで、現在も精力的に音楽活動を続けています。




THE SLUT BANKSの活動史と、求められ続けられる理由


THE SLUT BANKS <出典:https://twitter.com/theslutbanks>

THE SLUT BANKSは解散から再結成、そして2016年に再びメジャーの音楽シーンへと返り咲いた伝説のバンドです!

各メンバーが培ってきた演奏力は常に高い水準を維持しています。

これはメンバーの多くが既にメジャーデビューの機会を複数回得ているほどの実力者集団であることが大きく作用しています。

加えてステージの大きさにこだわらない、ライブ第一主義の考え方にあるのも、音楽キッズ達の心を掴んで離さない一つの要因になっています。

ライブも通常のエレキ系統の楽器を用いたバージョンに加え、メンバーが「半死霊、去勢バージョン」と呼ぶアコースティックでの演奏をする回を設けることで、同一の曲でも様々なアレンジを楽しませてくれています!

THESLUTBANKSのメンバーの音楽性と方向性


THESLUTBANKS <出典:http://www.jungle.ne.jp/sp_post/the-slut-banks-2/>

THE SLUT BANKSは現在までベースのDUCK LEEが曲作りを担当し、ボーカルのTUSKが歌詞を書くという曲作りを行っています。

この一貫性が、バンドに統一感を与え、力強いロックを生み出す原動力になっています。2016年に音楽業界のメジャーシーンへと返り咲いたその活動に注目が集まっています!

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!