今じわじわ人気を集めている!!おもしろい個性派バンドについて!

今や空前の個性派バンドブームがきています。バンドと一言でいってもそのジャンルや魅せ方はさまざまで、自分だけの特別なバンドを見つけるのもまたおもしろいですよね。

いつの時代にも存在してきた個性派バンドですが、近年ではそのファッション性や思考までもがファンから絶大な支持を集めてきています。

ライブハウス
<出典:www.jungle.ne.jp>




そもそもここ近年の個性派バンドの人気とは!?

近年本当に多くの、いわゆる「個性派バンド」といわれるグループが活動をしています。皆さんも一度はそんなグループの曲を聞いたことがあるのではないでしょうか。

2009年に発売され、現在もカラオケランキングで上位をキープしている「女々しくて」。歌っているのは紅白歌合戦にも出場を果たした「ゴールデンボンバー」という4人組のバンドグループです。

エアーバンドとして活動している彼らの楽曲は、そのパフォーマンスのオリジナル性が高い人気になっており、現在個性派バンドが注目されている火付け役となっています。


ゴールデンボンバー
<出典:omp-s.com>


個性派ビジュアルバンドに迫る!!


探せば探した分いる個性派バンドですが2005年8月に結成され、熱烈的なファンのいる「えんそく」もその一つです。愛称「えんそくちゃん」と呼ばれている彼らは、自らを「はみだし者」と称するマイノリティ志向のビジュアル系バンドです。

2005年8月にBa.ミドを中心にライブ3本限定のセッションバンドとして結成されました。しかし、同年10月に3本ライブを消化後、池袋サイバー公演より正式なバンドとして活動を始めました。

現在4人グループとして活動しており、その独特なメロディーや歌詞にコアなファンは熱狂して止みません。


えんそく
<出典:blog11.neec.ac.jp>



「えんそく」がおもしろい!!

個性派ビジュアルバンドとして活動をするえんそく。彼らが生み出す楽曲はキャッチーなロックサウンドを主としていますが、その歌詞は「孤高」「異端」「選民意識」などといったやや少数派寄りの人へ向けたものが多いのが特徴です。

そんな彼らのファンは「園児」と呼ばれており、ライブの際のアンコールの掛け声は「ガンダーラ」と何とも独特なものになっています。90年代のビジュアル系に影響を受けているという彼らですが、奇抜なファッションは常に注目の的となっています。



えんそく
<出典:ure.pia.co.jp>



個性派バンドから今後も目が離せない!!

個性派バンドは一度聴くとどれも中毒性が高いのが特徴です。なかなかメディアには露出しないバンドも多数存在するので、自分だけの個性派バンドを探してみるのもおもしろいかもしれません。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!