"おおかみさん"に"ひつじさん"‥?今注目の謎ビジュアル系バンド【グリモア】の正体は?!

ヴィジュアル系バンドに詳しい人達の中で、2016年の注目の、若手ビジュアル系バンドと言われているグリモア。

グリモア <出典:http://www.gri-moire.com/schedule/39487/>

まだまだ世間には、浸透していないグリモアのメンバーのプロフィールや、彼らの魅力について見ていきます。

ぼくたち、実は、男の子。


グリモアのPVを見ると、派手なメイクや衣装が印象的なせいか、女なの?男なの?と疑問をもつ人も多いですが、グリモアは、男性5人で構成されています。


<出典:https://www.youtube.com/watch?v=df5PDHw69V4>


そして彼らは、メンバーのことを、「ぼくたち」と呼んでいます。ぼくたちは、RyN、Kie、Amu、Lune、Melと言いますが、他に別名もあります。

RyNKのことは、ぼく。Kieのことは、おおかみさん。Amuのことは、ふくろうさん。Luneのことは、ひつじさん。Melのことは、うさぎさん。


と不思議な別名もあるところが、グリモアの特徴です。

おひろめえんそうかい


グリモア <出典:https://twitter.com/_gri_moire/status/635551820933234689?lang=ja>

2015年8月23日に、初めてワンマンライブが開催されました。

そして、その2週間後に、「ひとりトピア」というアルバム名でCDをリリースし、その後、2015年11月9日には、ファン参加型ワンマンイベントが行われました。その時のライブは、100人限定というイベントで、あっという間にチケットが完売となり、満員でした。

デビューして、わずか1年足らずの間に、ライブやCD発売を果たしたグリモアは、多くの人を魅了し、グリモアのファンは、増えていきました。







独創的な世界で、見る人を惹きこむPV


グリモアの最新PV「ぼくとタルパ」を見たら、ビジュアル系バンドに詳しくない人も、彼らの世界観に、惹きこまれます。


<出典:https://www.youtube.com/watch?v=bxZyY6AH2fQ>

「ぼくとタルパ」という曲じたい、ダークでビジュアル系らしいハードな曲ですが、PVの彼らは、どこか、おとぎの国のようなメルヘンチックな雰囲気なので、彼らのPVを見ながら聴くと、より一層グリモアの魅力が伝わります。一度聴いたら、中毒になるような曲なので、グリモアをまだ知らない人は、ぜひPVを見て聴いてほしい一曲です。

メルヘンチックなメンバーが魅力でした


ビジュアル系バンドの中で、注目されているグリモアは、メルヘンチックな別名をもつメンバー達で構成されていました。

そんな彼らの奏でる音楽は、メルヘンチックな名前や見た目と違い、ハードなスパイスが効いていて、多くの人達に響き、物凄い勢いで成長し続けています。これからグリモアの活躍が楽しみです。

◆公式サイト⇒http://www.gri-moire.com/schedule/39487/

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!