雑誌SHOXXの創刊編集長である星子誠一はX JAPAN・hideなしでは語れない!

星子誠一(ほしこ-せいいち)は音楽業界、殊にヴィジュアル系のシーンにおいて、雑誌SHOXX等の創刊編集を手掛けると共にイベント企画まで行うプロデューサーでもあります。

プロフィールの他、最近の活動やアーティストとの触れ合い、エピソードを辿ることでヴィジュアル系の魅力に迫りたいと思います。

星子誠一のプロフィール


星子誠一 <出典:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=897508433655603&set=pb.100001893649357.-2207520000.1468567689.&type=3&theater>

星子誠一は株式会社音楽専科社に入社後、洋楽ロック誌「音楽専科」編集部を経て洋楽ロックに精通。その後洋楽ロック誌「Viva Rock」を創刊し編集長に就任しました。

日本のヴィジュアル系ロックの先駆けであり現在も世界を席巻しているロックバンド、XJAPANと出会ったことでヴィジュアル系ロックに傾倒し、「雑誌SHOXX」を創刊編集。

現在に至るまで雑誌、メルマガ、SNS等様々なメディアを通じて、主に日本のヴィジュアル系ロックを総合的にプロデュースしている存在です。

株式会社スターチャイルドを設立し、自ら代表に就任したことで活動の幅も広がり、日本のヴィジュアル系ロックを世界に打ち出す有力コンテンツと位置づけ、情報を発信し続けています。

星子誠一とヴィジュアル系ロック、バンドX、HIDEとの出会い


HIDE <出典:http://matome.naver.jp/odai/2131082642511660901/2131086483411982503>

星子誠一がヴィジュアル系ロックを雑誌や各種メディアで専門的に扱い始めたのは、XJAPANの武道館ライブを目の当たりにしたことがきっかけになっています。当時のX(のちのXJAPAN)は、武道館で複数日に渡る公演を成功させるなど、商業的にも大きな成功を納めていました。

星子誠一は殊にXのヴィジュアル的な要素に大きな影響を与えたギターHIDEと出会ったことで、ヴィジュアル系ロックとの関わりを強くしていきました。

HIDEの写真集「無言激」のプロデュースや、後輩バンドLUNASEAなどに関わるうちに、ヴィジュアル系の持つ魅力を世の中へ発信していく存在へとなり、またアーティスト側にも慕われる存在であり続けました。






星子誠一とHIDE「雑誌SHOXX」


雑誌SHOXX <出典:https://jp.pinterest.com/pin/573575702517712904/>

ヴィジュアル系という言葉はXJAPANのHIDEが生み出した言葉であり、彼は音楽を、ファッション、グッズ、文化等と結び付け総合的にプロデュースした先駆け的な存在でした。

星子誠一は雑誌の編集を通じてHIDEとの関係を深め、ヴィジュアル系を世界に発信しつづける存在へと相成っていきました。

HIDE自身も星子誠一を非常に信頼しており、当時深夜番組で共演した際には、HIDEがおでこに落書きを加えるといったいたずらをすることもありました。

1998年にHIDEが他界した際は哀悼の意を示し、その後「雑誌SHOXX」でも彼の足跡や魅力を多頁に渡って掲載しました。星子誠一は、HIDEなくして語れません。

星子誠一の最近の活動


星子誠一 <出典:https://www.facebook.com/photo.php?fbid=1020996571306788&set=a.128996597173461.25711.100001893649357&type=3&theater>

星子誠一は現在でもヴィジュアル系の魅力を世の中に発信し続けています。

stylish waveなどの音楽イベントを企画運営することで新人バンド発掘を行ったり、フリーペーパーGabやclub Zy.MAG、会員制のWEBサイトや、自身のブログ、ツイッターを通じ総合的にヴィジュアル系のプロデュースを行っています。

タグ X JAPAN
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V系ファン情報・バンギャルの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!