DIV(ダイヴ)解散まであとわずか・・・これまでの活動と彼らの定番曲を今一度振り返る

4人組ヴィジュアル系(V系)バンドの「DIV(ダイヴ)」が、2016年10月10日(月) に開催される「DIV ONEMAN LIVE 2016 「DIVE!!!」 at 日比谷野外大音楽堂」の公演で解散することを発表しました。

DIV <出典:www.barks.jp>
2012年の活動開始以降、人気が急上昇していき、CD売上はインディーズオリコンランキング1位を獲得するなど人気の高いバンドでしたが、活動開始からわずか4年で解散することになりました。

この情報でショックを受けた方も多いかもしれません。

今回は解散が近いDIV(ダイヴ)に今一度スポットを当てます。

DIV(ダイヴ)ってどんなバンド?活動の歴史を振り返る!

2012年3月に結成のDIVは、CHISA(Vo)、将吾(G)、ちょび(B)、satoshi(Dr)の4人組バンドです。

2012年10月には1stアルバムとなる『ZERO ONE』が発売され、インディーズ週間アルバムランキングで1位を獲得するという快挙を成し遂げました。

DIV <出典:www.club-zy.com>

DIV(ダイヴ)は正式なバンド結成までの間、楽曲によって異なるゲストボーカルを招いて活動する形が話題となりました。

正式にバンド結成は2012年で、現在のメンバーの4人体制になって今に至ります。

この4人体制の前はベースのちょびさんとギターの将吾さんが主体で活動をしていて、この2人が初期メンバーとなるそうです。

DIV(ダイヴ)解散の理由って?

DIV <出典:www.musicman-net.com>

DIVは10月10日に行われるワンマンライブで解散することを発表しましたが、解散の理由は何でしょうか?

公式サイトではベースのちょび、ドラムのsatoshiが脱退に伴い今回の決定に至ったと発表されています。

ボーカルのCHISAは公式サイトでは、残った2人だけで続けていこうとも考えたものの、やはり4人で作り上げた以上のDIVをイメージすることができず、解散することを決断したと説明しています。

さらに、このような形に至った理由についてCHISAは「どう在るべきか求めたり、求められたりする程に、人としてではなく、アーティストとして修復不可能な溝が出来てしまったのは事実だと思います」とも述べています。






解散ライブの前に!DIVの定番曲をおさらい

8月13日の栃木・宇都宮公演から、9月18日の大阪・梅田公演まで全国8ヶ所を回るラストツアー「DIV oneman tour 2016「Ready to DIVE」」をスタートさせています。

9月2日には熊本地震で延期だった熊本ライブの振替公演を行い、2016年10月10日(月) に開催される「DIV ONEMAN LIVE 2016 「DIVE!!!」 at 日比谷野外大音楽堂」が解散ライブとなります。

解散ライブではどんな曲を披露してくれるか今から楽しみですが、どんなセトリになるでしょうか?ここでライブ定番曲を少しご紹介します。

「ANSWER」


<出典:www.youtube.com>

「ゴールデンキネマ劇場」


<出典:www.youtube.com>

「夏の行方」


<出典:www.youtube.com>
などがライブ時の定番曲になっています。

10月10日(月) に開催される「DIV ONEMAN LIVE 2016 「DIVE!!!」 at 日比谷野外大音楽堂」でもこれらの曲が入ってくることは間違いなしです。

さいごに

いかがだったでしょうか?2016年10月10日(月) に開催される「DIV ONEMAN LIVE 2016 「DIVE!!!」 at 日比谷野外大音楽堂」の公演で解散するDIV(ダイヴ)ですが、今後もメンバーの動向に注目しながら新たな音楽活動に期待したいですね!

カテゴリー
タグ DIV
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!