関西出身の新星ヴィジュアル系バンドPurple Stone!

2013年に大阪で結成され、関西のライブハウスをメインに活動しているPurple Stone。
結成からわずか3カ月で「イナズマロックフェス2013」に出演するなど、多くの注目を集めているバンドです。
Purple Stone
<出典:http://purplestone.jp/>

そこで今回は、そんな彼らのメンバー紹介とバンドのプロフィールをご紹介します。

 

実力派3人が集まって結成!

Purple Stoneはヴォーカルのkeiya、ギターのGAK、ベースの風麻による3ピースバンドです。
元々同じスタジオを使っていて顔見知りだったというkeiyaと風麻がバンドを結成することになり、そこにギタリストのGAKが加わることになりました。
Purple Stone
<出典:vif-music.com>

結成当初はバンドのコンセプトというものはなく、その方向性を模索している時に3人で訪れたヴィジュアル系のライブがきっかけとなりました。ヴィジュアル系という括りには捉われず、ヴィジュアル系が好きな人はもちろんのこと、幼い子どもからお年寄りまで多くの人に楽しんでもらえるようなポップさも持ち合わせているところが、彼らの魅力と言えるでしょう。

 


結成後わずか3カ月で大規模ロックフェスに出演!ところが・・・


2013年6月に結成後、その際立ったヴィジュアルとクオリティの高い楽曲で関西のヴィジュアルシーンで話題を集めていた彼ら。結成からわずか3か月後には「イナズマロックフェス2013」のエンタメ・ステージにも出演しました。
Purple Stone
<出典:vif-music.com>

そして2013年11月には1stミニアルバム「NEXUS」を発表。数々のライブ活動を行い急速にファンを獲得し、まさに順風満帆のライブ活動を続けていく中、バンドは突然の半年間の活動休止を余儀なくされてしまいます。原因はヴォーカルのkeiyaの喉の疾患でした。

 

keiyaの復帰!そして再出発!

2014年3月、Purple Stoneはヴォーカルのkeiyaの喉の疾患により、一時活動休止となりました。実は脳神経の病気だったというkeiya、「原因不明で治らないかもしれない」と医師に言われていたにもかかわらず、病状は無事快方へと向かいます。

keiya療養中も二人で活動していたPurple Stoneでしたが、無事復帰することとなり、2014年11月に1stシングル「甘酸っぱいマンゴー」をリリース。手が届きそうで届かない、という歌詞の内容が多くのリスナーの共感を集めました。

<出典:https://www.youtube.com/>

 

心機一転!さらなるステージへ!

「甘酸っぱいマンゴー」がヴィジュアルシーンの話題を独占したPurple Stone。

2015年には激しさと切なさが共存する2ndシングル「アオイヤミ」をリリースしました。ヴォーカルのkeiyaは髪をピンク色に染めて心機一転。大阪で初のワンマンライブも成功させるなど、これからの活躍が期待されますね。

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!