続きましては、注目の新バンド「ツヅキマシテ、」のご紹介です

凝ったバンド名の多いヴィジュアル系の世界で、「ツヅキマシテ、」というちょっと変わった名前の新バンドが注目を集めています。もちろんバンド名だけで注目を集めているワケではなく、すでに実績のあるバンドが装いも新たに再始動するので新バンドという扱いにはなっていますが、中身は実績のあるバンドなのです。

そんな注目の新バンド「ツヅキマシテ、」とは、どんなバンドなのでしょうか、今のうちにチェックしちゃいましょう!

ツヅキマシテ <出典:https://twitter.com/visunavi/status/770969882523410433>

長身のベーシストが印象的なヴィジュアル系3人組


「ツヅキマシテ、」は、ヴォーカル担当の八雲、ギター担当の侑喜、そしてベース担当の矢沢ともはるの3人で構成。

八雲と侑喜の両メンバーはいかにもV系というルックスですが、ベースの矢沢ともはるは短髪とメガネというちょっと変わった美しさを表現する、GACKTにも似た雰囲気を持っています。

ツヅキマシテ <出典:https://twitter.com/tsudukimasite/status/680040262282838016>

スラッとした長身と小顔に恵まれたルックスに、実は一番萌えるというファンも多数?!





前身は「パン屋さん」、2015年6月からは「ツヅキマシテ、」


実はこの3人、もともとは「パン屋さん」という、これまた変わったネーミングのバンドを結成していました。そのパン屋さんが、2015年6月からは「ツヅキマシテ、」にリニューアル。6月8日に池袋EDGEで「ツヅキマシテ、のハジメマシテ」というイベントから正式始動します。

それまでのパン屋さんとしても普通に活動していて、前月の5月には新宿や池袋でライブイベントに出演しています。それにしても、他のバンド名に混じって「パン屋さん」、めっちゃ目立ちます。「ツヅキマシテ、」になってからも目立つと思いますが(笑)

パン屋さん <出典:http://www.ide-sign.jp/keikyu/shop/2978.htm>


侑喜が担当するサウンド世界は、聴きやすいV系ロック

「ツヅキマシテ、」の音づくりは、ギターの侑喜が担当。音づくりから歌詞、世界観までとても聴きやすいV系ロックです。これならV系初心者でもスッと耳に入ってくると思います。

「ツヅキマシテ、」名義では全てがこれからのアーティストなので、チェックするなら今のうちですよ!

カテゴリー

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!