鳳セッション改め罰✖ゲヰム、鳳さんを中心にプロフィールまとめ

ヴィジュアル系には読み方が難しいバンド名やメンバー名が結構あるんですが、この罰✖ゲヰムはその極めつけでしょう。罰✖ゲヰムと書いて「バツゲイム」と読みます。ネット上ではこの読みの難しさが話題になるほどで、結成したばかりのバンドとしては注目を集めることに成功していますね。

2015年の4月に結成したばかりで、まだほとんど情報のない罰✖ゲヰムですが、その中心的メンバーであるヴォーカルの鳳さんのプロフィールからバンド像に迫ってみましょう!

鳳セッション改め罰✖ゲヰム <出典:es.visualkei.wikia.com>


前身は「鳳セッション」、2015年4月から「罰✖ゲヰム」

罰✖ゲヰムの前身となっているのは、鳳セッションというバンドです。罰✖ゲヰムのヴォーカリストが鳳さんなので、前身となっているバンドは今よりも鳳さんの色が強かったことが分かります。

ちなみにこの鳳さん、鳳と書いて「あげは」というのが正しい読み方です。読み方の難易度が高いのはバンド名だけじゃなかったのか!

鳳セッションを卒業して、正式に罰✖ゲヰムとなったのは2015年4月10日です。ちなみにこの日は鳳さんの誕生日に合わせたものなので、罰✖ゲヰムも鳳さんあってのバンドということなんでしょうね。

鳳セッション <出典:twicsy.com>

罰✖ゲヰムのメンバープロフィールと音楽性もチェック


それでは、ヴォーカリストの鳳さん以外のメンバーも紹介しましょう。ギターは悠翔さん、ベースは夕朽さん、ドラムスは一葉さん、そしてキーボードを担当するのが鈴々さんで、合計5人の構成です。鳳セッションから名前が変わって罰✖ゲヰムになっていますが、メンバー構成は同じです。

罰✖ゲヰムの音楽性は、王道のヴィジュアル系。鳳セッションの頃からそれは変わっていないので、V系好きの人には幅広く支持されやすいコンセプトだと思いますね。



メンバーの「ヴィジュアル度」を見ると、やはり気になる鳳さん

ヴィジュアル系なのでルックスもチェックしてみましょう。

やはり気になるのは、ヴォーカリストであり中心メンバーの鳳さんのイケメンぶり。二次元の世界から飛び出してきたような美しい金髪は、V系好き女子の大好物です♪


まだまだ活動開始直後なので知る人ぞ知る罰✖ゲヰムですが、王道のルックスとサウンドでブレイク必至。チェックするなら今のうち!

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!