売れる匂いしかしないV系バンド「ラッコ」を見逃すな!

2016年、ヴィジュアル系シーンでも様々なバンドが結成され解散していく中で、ひっそりと"売れる匂いしかしない"5人組の新バンドが結成されました。

その名も「ラッコ」。

ラッコ V系 <出典:www.visunavi.com>
バンド名だけではどんなバンドか想像もつかない彼らのメンバープロフィールや音楽性にいち早く注目し、ブレイク必至な彼らの魅力に迫っていきたいと思います!

「ラッコ」バンド&メンバープロフィール

2016年9月15日に情報解禁された「ラッコ」は、今年の4月10日に無期限で活動を停止したバンド「Black Gene For the Next Scene」のギタリストであるSANが中心となり結成されました。

SAN以外にもヴィジュアル系シーンで活躍してきた豪華なメンバーが集まっている「ラッコ」メンバーのプロフィールを一人ずつ見ていきたいと思います。


ボーカル:てんてん

ラッコ てんてん <出典:www.visunavi.com>
ケミカルピクチャーズやMy BACTERIA HEAT IsLANDでボーカルとして活動していました。
ソロ活動であるRe:MY BACTERIA HEAT ISLANDは9/25に一時活動停止中。
楽曲の持つメッセージ性を際立たせる求心力の高い歌声が特徴的なボーカルです。


ギター:SAN

ラッコ SAN <出典:www.visunavi.com>
無期限活動停止中のBlack Gene For the Next Sceneのギタリスト。
ラッコの中心人物であり、バンドの情報解禁もまず彼からでした。
彼いわく、ラッコのバンド名の由来は

「可愛い見た目とは裏腹に凶暴な側面を持ち合わせているラッコのような、二面性を持った音楽で"殻"を破りながらシーンを泳いでいく」

というものだそうです。


ギター:milk

ラッコ milk <出典:www.visunavi.com>
ラッコ結成以前は今年の8月に解散したDOAKというバンドで「暁」の名前で活動していました。
ピンク髪と写真に写るときの舌出しが印象的。


ベース:Ivy

ラッコ Ivy <出典:www.visunavi.com>
2015年9月に解散したバンド「Moran」の元ベーシスト。
Moran解散以降はオープニングアクト専門というバンド「OPA」を立ち上げ、ジャンルの垣根を越えながら音楽活動を行っていました。


ドラム:higiri

ラッコ higiri <出典:www.visunavi.com>
2012年から2014年までTRUSTというバンドのドラマーとして活動。
解散後はBlack Gene For the Next SceneやRe:MY BACTERIA HEAT ISLANDといった、現ラッコメンバーの在籍していたバンドでサポートドラマーを務めていました。

ちなみにラッコの所属する事務所「GLK MUSIC」は、元ヴィドール、Black Gene For the Next Sceneのベーシストとして有名なラメがバンド活動引退後に立ち上げた事務所です。






解禁直後にもかかわらずリツート数1000超え!?話題の楽曲「色眼鏡 色彩皆無」

シーンの中でもそれぞれが様々なバンドや音楽活動を経て集まったメンバーにより結成された「ラッコ」。

情報解禁の直後から注目度は非常に高く、オフィシャルホームページへアクセスが殺到しサーバーがダウンしたり、始動直後にもかかわらずワンマンライブや主催ツアーを行い、既に一部会場では会場のキャパを大幅に越える申し込みが来ているなど、シーンに新しい風を吹き込む強烈な存在となっています。


そして「1000リツイート達成でフルバージョン公開」を掲げ、1stミニアルバム「怪しい眼鏡屋さん」収録「色眼鏡 色彩皆無」のPV SPOTがツイッターで公開されると、瞬く間に1000リツイートを達成しました。


そんな楽曲「色眼鏡 色彩皆無」からは演奏力と洗練された音作りがありつつも、既存のヴィジュアル系という枠に囚われない展開やアプローチからはそれぞれのメンバーの嗅覚に長けている画一的な音楽センスの融合を感じられます。


<出典:www.youtube.com>

ラッコのリリース&ライブ情報

MVが公開されている一曲からも新たな時代の幕開けを予感させるセンスに満ち溢れた「ラッコ」ですが、そんな彼らの初のリリース作品は1stミニアルバム『怪しい眼鏡屋さん』です。

ラッコ 怪しい眼鏡屋さん <出典:v-kei.jp>
10月1日にオフィシャルサイト限定で初回限定盤がリリースされ、11月9日には全国流通で通常盤AtypeとBtypeがリリース予定です。

既に発売されている初回限定盤は在庫がなくなり次第販売終了のアイテム。欲しい方は急いでチェックしましょう!

さらに多くのライブも既に決定済みで、11月3日に2部制のデモンストレーションワンマン、ラッコ1st LIVE『着水の為ノ準備運動』を巣鴨獅子王にて開催。こちらのライブは1stミニアルバム『怪しい眼鏡屋さん』初回限定盤購入者のみが参加することのできるプレミアムなライブとなっています!

そして11月25日の大阪RUIDOを皮切りに、ラッコ主催ツアー『秋の海水欲情遊泳特区』も開催されます。

さらに1stワンマンツアー『はじめての着水』も11月26日 心斎橋paradigm、12月3日 HOLIDAY NEXT NAGOYA、12月18日 高田馬場AREAのスケジュールで開催予定。

注目度の高さもさることながら、まだまだ謎の多いバンドとしてこれからの活躍から目が離せない「ラッコ」

気になった方はぜひライブへ足を運んでみてください♪

カテゴリー
タグ ラッコ
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!