DIVのヴォーカリスト、CHISAの芸術的センスの原点はどこで磨かれた?

2012年に結成され、初ライブ以来、多くのヴィジュアル系ファンから注目され続けているDIV。

DIV <出典:rocklyric.jp>

2015年には待望のセカンドアルバムもリリースされ、さらにその人気を不動のものとしています。

 



そんなDIVを支え続けているのがヴォーカリストのCHISAです。どうして彼はこれほどまでに多くのファンを惹きつけることができるのでしょう?

 

ここでは、CHISAの魅力を追及してみたいと思います。

ハイレベルな歌唱センスはヴィジュアル系でも随一




まず、最初に挙げたいポイントは何と言っても、その歌唱センスでしょう。ハードなバンドが多くなってきている近年のヴィジュアル系シーンの中では、それほど声量があるわけではありません。

 

しかし、高い歌唱センスによる表現力によって、DIVの個性豊かな楽曲を彩っています。

CHISA <出典:www.m-on.press>

DIVの音楽性はハードなロックから、ダンスミュージック的な要素を取り入れたミクスチャー、そしてメロウなバラード、さわやかなポップスまで多岐にわたります。

 

もちろん、そのサウンドを生み出す楽器隊の技術の高さは特筆すべきものです。しかし、これほどさまざまなジャンルの曲を歌いこなすことのできるCHISAがいるからこそ、これだけさまざまなジャンルの音楽を生み出すことができるのです。

 

特に彼の表現力が発揮されている楽曲と言えば、「イケナイKISS」でしょう。シンセサウンドを大胆に導入されたダンスミュージック系のサウンドになっています。そこにCHISAのエモーショナルな歌が乗ることによって、唯一無二のDIVサウンドとなっています。

 



 

また、さわやかなメロディが印象的な「SECRET NIGHT」などにおいても、CHISAの抑揚豊かな歌声のおかげで、他のバンドでは決して生み出すことのできない独特の世界観を作り上げています。

 



 

ヴィジュアル系バンドのへヴィすぎるデスボイスや、逆にキラキラしたポップな音楽ともまったく違った世界をDIVは持っています。
それを支え続けているのが、CHISAの歌唱センスなのです。

美大出身の芸術的感性がヴォーカリストCHISAの原点~プロフィールから紐解く~


CHISAのセンスはどのように磨かれてきたのでしょうか?その原点は、音楽とは少し異なった芸術の世界にありました。

CHISA <出典:matome.naver.jp>

彼は両親ともに美大卒という芸術家一家に生まれました。そんな両親からの影響で、幼いことからアートの世界に足を踏み込みます。

 

そして、彼自身も美大に進学し、デザインや金属工芸を専攻し、さまざまな技術、そしてセンスを磨くことになります。

 

この生い立ちや経験が彼の歌唱・音楽センスに大きな影響を与えたことは言うまでもありません。

 

さらに、このセンスを活かしてDIVの一部グッズのデザインもCHISA自身が担当しています。

 

ヴィジュアル系アーティストの場合、グッズを自らデザインするというケースは決して少ないわけではありません。

 

しかし、彼の生み出したグッズを一目見れば、ミュージシャンが片手間でデザインしたものとはまったく違った「作品」であることがわかるでしょう。

CHISAデザイン ラバーキーホルダー <出典:www.div-official.com>

また、CHISAはDIV加入以前のバンドではボーカリストではなく、ベーシストとして活動していたこともありました。

 

このように楽器隊を経験したこともまた、現在の彼を生み出すために重要なことであったようです。

 

DIVの楽曲を聴いていると、声と楽器の一体感が非常に高いことに気付くのではないでしょうか?

 

歌声だけが浮いてしまっているようなバンドも少なくない中、これほどまで楽器隊と一体になれるヴォーカリストは決して多くはありません。

DIV CHISA <出典:matome.naver.jp>

彼自身が楽器隊出身であるからこそ、バンドのサウンドを感じながら歌うことができるのでしょう。

 

人気ヴィジュアル系バンド、DIVのCHISAの魅力を追及してみるとさまざまな面が見えてきます。

 

こういったポイントにも注目して、彼らの楽曲を聴いてみると新たな発見をすることができるかもしれません。

カテゴリー
タグ DIV
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!