独裁的ヴィジュアル系バンド、DIAURAの人気曲を愚民が選ぶとこうなった

ファンを愚民と称する独特の世界観を持つヴィジュアル系バンド、DIAURA

DIAURAと書いて「ディオーラ」と読みます。オフィシャルのファンクラブが「愚民党」で、メンバーにはそれぞれ愚民党の総裁や幹事長、書記長などの役職が付くという徹底ぶりです。

DIAURA <出典:gaming.youtube.com>
DIAURAがここまで愚民たちを魅了しているのはもちろん、その世界観だけじゃありません。

簡単にDIAURAのプロフィールを紹介しつつ、聴いた人はたちまち愚民になってしまうDIAURAの人気曲も紹介しちゃいましょう!

4人それぞれが愚民党の役職名を持つ独裁的バンドDIAURA

DIAURAは2010年に結成されたヴィジュアル系バンドで、バンド名になっているDIAURAというのはDictatorial Auraの略。

直訳すると「独裁的なオーラ」となるので、総裁が率いるバンドに愚民が付いてくるという世界観とマッチしていますね。

メンバーはヴォーカルのyo-ka(ヨーカ・総裁)、ギターの佳衣(ケイ・幹事長)、翔也(ベース・書記長)、そしてドラムスの達也(タツヤ・ウグイスボーイ)の4人で、現在もこの4人で活動中です。

達也の愚民党役職名がウグイスボーイとなっていますが、これはふざけているわけでも間違えているわけでもありませんので、念のため。

DIAURA <出典:zeallink.jp>






DIAURAの人気曲を初期のナンバーを中心に3曲ほど

それでは、愚民たちが選ぶDIAURAの人気曲ご紹介です。

・Lost November
ファーストアルバム「GENESIS」に収録されている、初期の曲です。November(11月)という言葉が使われている曲ですが、曲の世界観は完全に冬です。

失われた11月、ということですね。ギターのリフとyo-kaのヴォーカルがしっかりとヴィジュアル系ロックの王道を歩んでいます。


<出典:www.youtube.com>

・Whiteness
2013年に発表されたDIAURAにとって5番目のシングル曲。

物悲しいメロディと様式美を表現した極上のヴィジュアル系ロック・バラードです。カラオケでも人気の高い曲なのは、一度聴けば納得です。


<出典:www.youtube.com>

・TERRORS
やはり強い、初期の作品。こちらもLost Novemberと同じくファーストアルバム「GENESIS」に収録されているミドルテンポの曲です。

yo-kaの時折シャウトに近い歌世界にDIAURAの愚民たちを虜にする吸引力を感じますね。


<出典:www.youtube.com>

いかがでしたか?
初期の曲を中心に愚民から人気の高い曲を3曲ピックアップしてみました。「あの曲がないじゃないか!」という苦情はご勘弁くださいね!

カテゴリー
タグ DIAURA
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!