【初心者向け】ライブの持ち物&服装指南!ゴールデンボンバー編

楽しいトークとパフォーマンスで、若い女性のみならずお茶の間でも大人気なヴィジュアル系バンド(?)のゴールデンボンバー。

ところが、本当は彼らのライブに行ってみたいのに、ライブ未経験で何を持って行けばいいのか分からない! どんな服装をすればいいのか分からない! ……人知れずそんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

今回は、ゴールデンボンバーのライブに参戦したい初心者の方のために、ライブの持ち物と服装について、アドバイスや注意点をご紹介します!

◆これだけはマスト!ライブの持ち物を押さえよう


ゴールデンボンバー <出典:http://ticketcamp.net/visual-blog/goldenbomber-manners/>

・その1 チケット

チケット

「そんなの当たり前だ!」とお思いになるかもしれませんが、これだけは絶対に忘れないでください。忘れたら会場に入れなくなってしまいます。

・その2 ペットボトルのお水

水
ライブ会場はとてつもない熱気に包まれます。

また、体を動かすと喉が渇きます。熱中症になったら大変ですから、十分な水分補給を心がけましょう! 

ライブハウスでは、入場の際にドリンクを買う形式のところが多いです。ホールの場合はドリンクを持参しましょう。

・その3 タオル

タオル

これも必需品です。汗を拭いたり首にかけたりして機能的に使う他に、バンドの応援にも使えます。

自前のタオルでも構いませんが、やはりここはライブですから、ゴールデンボンバーのツアータオルがあればベストです。

会場で販売されているグッズを買ってもいいでしょう。

・その4 お金

お金
ツアーグッズは魅力的な商品が勢ぞろいしています!

 通販サイトで見て「今回は別に買わなくてもいいかな」と思ったものでも、いざ現場で見ると欲しくなってしまう……なんてこともしばしば。

お金を少し多めに持っていくと、余裕を持って買い物ができますね。

・その5 着替えの服

着替えの服
ゴールデンボンバーのライブでは、ファンも激しく動くので、かなりの汗をかきます。

会場内は暑くても、秋・冬の夜は特に冷え込みます。汗でびしょびしょになったTシャツのままで歩いていると、帰り道に風邪を引いてしまうかも……!? 

そうならないためにも、ライブにはTシャツなどの着替えの持参をおすすめします。

・その6 ペンライト

ペンライト
必需品ではありませんが、「みんながペンライトを振っているのに、自分だけ持ってない!」というのは少し寂しいですね。

会場で買ってもいいでしょう。ゴールデンボンバーのライブではペンライトを使う曲は全体的に少なめ。

それでも、ライブも楽しめて記念品にもなるなら、お得ですよね。




◆ライブを全力で盛り上げるためのファッションとは?


ゴールデンボンバー <出典:http://golden-and-bomber.blog.so-net.ne.jp/2014-07-17>

特にこれといった決まりはありませんが、とにかく動きやすい服装にしましょう。

キレイめなオシャレをしていっても、激しいライブでヨレヨレになってしまうのがオチ。

やっぱり、ライブにはラフな服装が1番ですね!

ちなみに、キリショーのファンはタミヤのTシャツを着ている方が多いようです。

タミヤのTシャツはアーティストグッズではないので、事前にネットショップでゲットしておきましょう。

ゴールデンボンバーのツアーTシャツも、もちろんオススメ。



開演前に会場で購入できますが、物販はかなり並びます。

時間に余裕を持って買いに行ってください。

ベテランのファンの中には、メンバーのコスプレをしたり、ガチャピンスーツを着たり、個性的なファッションの方も見かけますが、さすがに初心者にはハードルが高いと思われます。

そもそも、暑いライブ会場の中で体調管理が大変です。

これはベテランだからこそできる技(?)ですので、しばらくはマネしないでおきましょう。

◆こんなファッションは絶対にNG!


ヒンヒール
自由な雰囲気のライブですが、中には他のお客さんに迷惑になる“NGファッション”もありますから、注意してください。

まず、盛り髪は後ろの人の視界をさえぎってしまい、迷惑なので止めましょう。

中には、盛り髪を厳しく取り締まり禁止している会場もあるそうですよ。それから、ピンヒールもNGです。

周りの人の足を踏むと怪我のもとになるピンヒールは、ライブ会場では凶器も同然。

せっかくの楽しいライブをトラブルで台無しにしないためにも、これらのNGファッションは絶対に控えてください。



サンダルなどの露出の多い靴は、他の人に足を踏まれてしまった時に、かなり痛みます。踏まれてもダメージの少ない、足全体を覆ってくれるような靴が無難です。

それから、手の爪があまりに長いと、ぶつかった際に周りの人を傷つける恐れがあります。爪は短く切りそろえてください。ヘドバンをするので、髪の毛はまとめた方がいいでしょう。

1人で聞いても楽しいゴールデンボンバーですが、ライブにはまた違った楽しさがあります。初めてのライブは少し緊張するかもしれませんが、勇気を出して突撃してみてくださいね!

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!