相性抜群!V系アーティストが生み出すアニメ主題歌の名曲たち

相性抜群!V系アーティストが生み出すアニメ主題歌の名曲たち

シド 嘘 <出典:puul.jp>

V系ロックは、今や日本の音楽シーンに欠かせないジャンルとなっています。そして、アニメと言えば日本文化を象徴する、こちらも無くてはならない存在ですね。

そんなV系ロックとアニメの相性は意外に良くて、これまでにもたくさんのV系アーティストがアニソン(アニメの主題歌)を手がけてきました。

考えてみれば、V系自体がどこか現実離れしていて、アニメの世界から飛び出してきたみたいな雰囲気を持っているので、「意外に相性がいい」というのは失礼かも知れませんね。

V系アーティストが手がけた有名なアニメ主題歌を、どんどん紹介しちゃいましょう!

■もはやアニソンの帝王?シドのアニメ主題歌ラインナップ

シド <出典:www.oricon.co.jp>
シドは早くからアニメ主題歌に起用されることが多かったV系バンドとして有名で、アニメの中でも有名作品の主題歌を何度も手がけています。

「鋼の錬金術師」では「嘘」「レイン」が主題歌になっていましたね。

「乱舞のメロディ」「BLEACH」というテレビ東京で放映されたアニメの主題歌で、「モノクロのキス」はアニメ「黒執事」のオープニング曲です。

これだけ多く手がけているV系バンドは、おそらくシドが一番です。




■シドと双璧を成すアニソンの帝王、L’Arc-en-Ciel!

L’Arc-en-Ciel <出典:www.barks.jp>
もう1つシドと並ぶほど多くのアニソンを手がけているバンドがいます。それは、ラルクことL’Arc-en-Ciel

「Blurry Eyes」「DNA2」の主題歌になっているのを筆頭に、「the Fourth Avenue」「るろうに剣心」「虹」が同作品の劇場版で主題歌になりました。

「READY STEADY GO」「Link」「LOST HEAVEN」がそれぞれ、「鋼の錬金術師」のオープニングやエンディングテーマになっています。

■まだまだある、V系アーティストが手がけたアニソン

ナイトメア <出典:homelessvisualkids.wordpress.com>
この他にも、数々の有名アニメ作品にV系アーティストの曲が使われています。どんどん紹介していきましょう。

実力・人気ともにV系の帝王と言われるDir en grey「-I’ll-」「浦安鉄筋家族」の主題歌を、PENICILLIN「Wake Up!」「ゴクドーくん漫遊記」の主題歌をそれぞれ手がけています。

他には、GLAY「RAIN」「ヤマトタケル」Janne Da Arc「月光花」が映画「ブラックジャック」NIGHTMARE「the WORLD」「デスノート」…などなど、V系アニソンの名曲は語り尽くせません!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

V盤の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!