266,776 views

カラオケガチ勢の僕が選ぶ、歌うのが難しい邦楽男性アーティストまとめ!

あけましておめでとうございます! トレタメ編集のしもDですヽ( ・∀・)ノ

突然ですが僕はカラオケが好きです。歌は下手ですがカラオケガチ勢です。

近年ではYoutube・ニコニコ動画での「歌ってみた」のブームやカラオケの精密採点の点数で対決するテレビ番組なども放送されていて、歌唱のテクニックについて興味関心を持つ方も増えているのではないでしょうか?

カラオケ <出典:www.round1.co.jp>

僕も様々な所から影響を受けてミックスボイス(ミドル)やヘッドボイスファルセットビブラートシャウトデスボイス(グロウル、ガテラル)、エッジボイススクリームなど様々な歌唱テクニックを練習し、一通りは身につけたのですが、やっぱり歌えない歌は歌えませんね・・・

今回はカラオケで今までいろんな曲に挑戦してきた僕が今までの経験から選ぶ、カラオケで歌うのが難しい邦楽の男性アーティストをいくつかピックアップしてご紹介したいと思います。

※邦楽・男性アーティスト・ボーカルが一人という条件の中から「音域の広さ+歌唱技術の多さ」という全てを総合した難易度の高さでピックアップしたものをご紹介していきます。

UVERworld

中高生など、若い世代を中心に絶大な人気を誇っているUVERworld

UVERworld <出典:vif-music.com>

アニメソングのタイアップも多く、カラオケでも人気が高い彼らですが、歌うのはかなり難しいです。

まず楽曲のクセが強い。結成初期と比べると作風もだいぶ変化し、様々なジャンルを内包した彼らだけの音楽が出来上がっているので曲を掴むのからだいぶ手こずります。

そしてなんといってもボーカル、TAKUYA∞歌唱技術の幅広さ、そして音域の広さが凄いです。

ラップやボイパ、ダミ声など他のバンドで使われないような歌い方を駆使してくる上に高音がきっついきっつい。

低音から高音までが一本で繋がっているかのように滑らかに切り替わるのでおそらくTAKUYA∞は生まれつき高音の発声法を身につけていた天然ミックスボイスの持ち主だと思われます。そして尚且つものすごいボイトレをしてるんでしょうね・・・

UVERworldは初期楽曲と現在の楽曲でキーの高さが違いすぎるので、TAKUYA∞は限界に挑戦し続けるストイックなボーカリストだと思います。

僕はCORE PRIDEが好きで歌ってみようと挑戦しましたが見事に撃沈しました。


<出典:www.youtube.com>

まず出だしのラップから難しいし、リズム掴みにくいし、終始頻出のhiAがしんどすぎるし、終盤に最高音が出てきた後にまだサビが続くという鬼畜仕様。スタミナが持ちませんでした\(^o^)/






DIR EN GREY

次に紹介するのは僕が人生をかけて応援しているバンド「DIR EN GREY」です。

DIR EN GREY <出典:vif-music.com>

僕のブログには非常にDIR EN GREYの登場率が高いですね。人生をかけてるから仕方ない(*´ω`*)

DIR EN GREYは曲も独特なのですがやはりボーカル、の音域の広さ&歌唱テクニックが多彩すぎてまずどの曲も歌えません。

たとえばこの曲、「DIFFERENT SENSE」


<出典:www.youtube.com>

出だしからメロ部分では終始バケモノみたいな唸り声(グロウル)と悲鳴のような絶叫(ホイッスルボイス)が使われている上にサビのキーが高いです。最高音はなんとhiG。無理ですよこんなの・・・

2つ前の僕のブログで紹介した曲「DOZING GREEN」もめちゃくちゃ難しいです。僕は恐らく邦楽で最も歌うのが難しい曲だと思っています。


<出典:www.youtube.com>

フェイクも含めて使用する音域は4.4オクターブ。サビではhiD#とhiEのロングトーンが登場、低音はlowGまで使う恐ろしい曲です。

僕的に歌ってみて一番きつい部分は「ただ今は 独り泣いて」の後のフェイク部分ですね。

DIR EN GREYも結成初期と現在では曲のキーの高さが全然違うので、恐らく京さんも血の滲むような努力をされたのでしょうね・・・






ONE OK ROCK

お次はONE OK ROCK。学生や若者にかなり人気のあるバンドですよね!

ONE OK ROCK <出典:www.oneokrock.com>

実際にカラオケで挑戦してみて爆死した方も多いのではないでしょうか。

ワンオクはやっぱりボーカル、Takaの声質がハンパない。

ディストーションのかかったシャウトや滑らかで伸びの良い高音を次から次へと繰り出すその日本人離れした歌唱力はなかなか再現できません。

「完全感覚Dreamer」はみんな一度は憧れて歌ってみるのではないでしょうか?


<出典:www.youtube.com>

ほんとに頭おかしい曲だと思う。
まず歌い始めの「So」から発声できない\(^o^)/

てか全部高い。低いところがない。最初からぶっちぎりのテンションで歌い続けてサビでもっともっとキツくなる。サビ締めがhiEってやばくないすか・・・

hiC#が頻出でシャウトやロングトーンなどにも使われているのですがTakaは何の苦もなくこの付近の音はサラっと出してますね。

歌唱力と技術を総合しても近年の邦楽アーティストトップクラスだと思います。

さすがは森進一・森昌子夫妻の長男ですね・・・!






L'Arc~en~Ciel

最後はみんな大好きL'Arc~en~Cielです。

L'Arc~en~Ciel <出典:www.larcenciel-film.com>
ボーカルのhydeはかなりの低音からミックス・ヘッド・ファルセット、VAMPSのときはディストーションボイスなど、本当に巧みに声を使い分けていますよね。

しかもどの高さでも安定した太さがあります。ファルセットも含めこの人の高音は本当に綺麗だと思います。

hydeは音域が広くて低いところもかなり出るのでラルクの曲は低すぎて歌えない、高すぎて歌えないがザラにあります・・・

なんといってもhydeの音域を語る上で外せないのは「瞳の住人」ですよね。


<出典:www.youtube.com>
サビで地声hiBとhiCが連発する上に裏声の最高音が脅威のhihiA。

フェイクやシャウトならまだしもhihiAで歌ってるボーカリストってなかなかいないですね。

僕もこの最高音の部分は何度も練習してるんですけど全然出せません。hiGすら出ません。本当に何がどうなって発声しているのか不思議です。

ラルクには他にも「NEO UNIVERSE」「New World」など、えげつない高音を連発する曲がたくさんあります。

そもそも高音以前にカラオケでラルクを歌うのは結構ハードル高いのですが・・・ww


まとめ

以上、カラオケガチ勢の僕が選ぶ歌うのが難しいアーティストの紹介でした。
全部バンドになっちゃいましたね。いろんな曲に挑戦してきたって書いちゃったんですけどバンドばっかりですね。

今回は選ぶ基準をキーの高さだけではなく「音域の広さ+歌唱技術の多さ」にしましたが、単純に高音だけ、とかにするとまた変わってきます。

なんか思いの外マニアックな内容のブログになった気がするのですが大目に見てください><

それでは今年もトレタメと、このトレタメブログをよろしくお願いいたします!どんどんしー♪

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

スタッフブログの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!