68,046 views

過密スケジュールの売れっ子山口祐一郎は結婚してる?山口祐一郎の謎

劇団四季を退団後、東宝ミュージカルを中心に活動し、『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン役に起用された山口祐一郎さん。
山口祐一郎 <出典:laughy.jp>

『レ・ミゼラブル』出演以降、人気が急上昇し、今や舞台にドラマにCMに引っ張りだことなり、知名度も上がりました。
しかし、さまざまなメディアで露出があるにも関わらず、彼のプライベートは謎につつまれています。

今回は、そんな山口祐一郎さんの魅力に迫ります。

 

勘違いで劇団四季に入団?

なんと言っても、山口さんの魅力はその圧倒的な演技力でしょう。

ファンからは、「役を演じていることを忘れさせられるほどに、舞台上で生きているような迫力がある」と称されるほど、彼は存在感のある演技力を持っています。
そんな演技派山口祐一郎さんが、舞台の世界へと足を踏み入れたのは、1979年のことです。
劇団四季の入団ミュージカル『コーラスライン』のオーディションに、応募したことがきっかけでした。
山口祐一郎 <出典:auctions.search.yahoo.co.jp>

しかし、実は山口さんはそのオーディションを「合唱」のオーディションと勘違いして応募したそうです。
当然のように歌の練習しかしていなかったため、ダンスが踊れず不合格となってしまいます。

しかし、そのオーディションの場で、彼の才能に目をつけた演出家に声をかけられ、転機が生まれます。
彼は演出家の配慮で、研究生となることができ、その後無事劇団四季への入団を叶えることとなりました。




舞台に加えて、TVドラマやCMにも出演

レ・ミゼラブル 山口祐一郎 <出典:www.theaterguide.co.jp>

在団中の代表作には『オペラ座の怪人』のタイトルロールや、『ジーザス・クライスト=スーパースター』のジーザス役などがあります。
劇団四季を退団後は、東宝ミュージカルを中心に活動し、『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャン役や『エリザベート』のトート役を演じています。

この2役の演技が評価され、2004年第29回菊田一夫演劇大賞を受賞しました。

その後多くの舞台で演じ続ける中で、NHK大河ドラマ『徳川慶喜』に原市之進役として出演し、TVドラマデビューも果たしました。
その後も数々のNHK大河ドラマに出演するほか、舞台だけでなくTVCMやドラマ、バラエティー番組にも出演を重ね、一気に人気俳優となります。




独身なの?気になる私生活

186cmと高身長、容姿淡麗で、今や演技派売れっ子俳優となった山口祐一郎さんですが、プライベートは謎につつまれています。
ファンであれば、やはり結婚しているかどうか気になるのではないでしょうか。

これに関しては、TV出演時などにも共演者から質問される場面が度々見られます。
山口祐一郎 <出典:laughy.jp>

以前、徹子の部屋に出演した際にも、結婚について質問をされています。
その質問に対して明確な答えは返さず、「今度なぜ山口祐一郎君が独身なのかというテーマで特番が組まれるそうです」などと冗談を言って、黒柳さんのストレートな質問も大人の対応でかわしている場面が見られました。

あまり他の女優や女性タレントとのうわさも流れません。
劇団四季に在団していた時期に、2人の関係を怪しまれている舞台女優はいましたが、それも確証はなく事実かどうかは分かりません。

結婚に対して質問をされても、のらりくらりとかわす姿が、より山口さんのミステリアスな雰囲気を色濃くしているようです。
謎が多い一方で、彼の素晴らしい演技力は、さまざまな舞台で日々発揮されています。

女性のうわさが流れないことも、もしかしたら恋人を作る暇もないほどに過密なスケジュールをこなしているからかもしれませんが、真相は謎のままです。

おわりに

山口祐一郎 <出典:omoshii.com>


謎多き俳優、山口祐一郎さん。
しかし、一度舞台を見に行けば、彼が演じる姿に心を打たれない人はいないでしょう。

まるで役に乗り移ったかのように作品を演じ切る彼の姿は、プライベートのミステリアスさもあいまって、つかみどころがない不思議な魅力を醸し出しています。
さまざまなメディアに出演しながらも、原点である舞台での活動の勢いはとどまるところを知りません。

謎多き俳優、山口祐一郎の演技を見に、一度舞台に足を運んでみてはいかがでしょうか。

※記事初出時に、テレビドラマ出演作に誤りがありました。正しくは初出演した作品は『篤姫』ではなく『徳川慶喜』となります。訂正してお詫びいたします

カテゴリー
コメントを投稿する

1 件のコメント

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

演劇・舞台の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!