劇団四季がディズニー作品?映画とは違った魅力をご紹介します

日本の商業演劇を代表する劇団と言えば「劇団四季」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

劇団四季 <出典:gekidanshikit.jugem.jp>

今回はそんな劇団四季の魅力や、本劇団が公演するディズニーミュージカルについてご紹介したいと思います。

劇団四季の魅力とは?

現在は出演者とスタッフを合わせて700名以上を抱え、東京・名古屋・大阪・札幌の4都市には劇団四季専用の劇場を有しています。そこを活動の拠点の中心として年間3,000ステージ以上が上映されており、年間観客動員数は300万人にも上ります。

 

また、リピーター率が非常に高いのも特徴の1つで、ファンの間では「東京公演の次は名古屋へ」と全国各地の劇場を巡る行動もよくあることだそうです。

 

出演キャストについても一貫した姿勢をとっており、話題を呼ぶために有名タレントや俳優・女優を起用することはなく、劇団内の厳しい競争を勝ち抜いた者を採用する徹底ぶりです。

 

あまり知られていない話ですが、キャストが決定した後でも役の出来が悪いと容赦なくキャスト交代が行われます。劇団四季はまさに完全実力主義のプロ集団と言えるのではないでしょうか。

 

そんなプロたちが自信を持って公演するディズニーミュージカルには、どのような感動が待ち受けているのでしょうか。これは期待せざるを得ません。

劇団四季 ディズニー <出典:ure.pia.co.jp>


夢と魔法のアラビアンストーリー アラジン

【あらすじ】
砂漠に囲まれた神秘の都アグラバーに青年アラジンは暮らしていました。貧しい生活のために、仲間たちと市場で盗みを働く日々です。
一方、アグラバーの王女ジャスミンは、宮殿での生活には飽き飽きしており、街へ抜け出すことに。

 

そんな二人が市場で出会い、アラジンはすぐに恋に落ちます。ですがアラジンの思いは実らず、二人は衛兵に引き離されてしまいます。

 

ジャスミンのことを諦めきれないアラジンは、「3つの願いが叶うという魔法のランプ」があることを知り、ランプが隠されているという洞窟へ探索の冒険に出かけるのでした。

 

しかし、アラジンにランプの存在を知らせたのは、王国の乗っ取りをたくらむ邪悪な大臣ジャファーです。

 

はたして、アラジンはランプを無事に手に入れて、ジャスミンと結ばれるのでしょうか・・・。

 

砂漠の国が舞台のために衣装は露出が多く、男性のたくましい肉体美や女性の長めのスカート・スカーフによる激しいダンスがストーリーを盛り立てます。

 

願いを何でも叶えるランプや魔法の絨毯のようなファンタジー要素も満載で、観ている者をワクワク・ドキドキさせる異世界に誘います。

劇団四季 アラジン <出典:ure.pia.co.jp>

ラブロマンスの傑作 美女と野獣

【あらすじ】
片田舎で発明家の父親と二人暮らしの美しい娘ベル。彼女は本ばかりを読んで、空想の世界に浸ることが好きな夢見がちな女性です。

 

ある日、帰りの遅い父を探しに森に出かけるのでした。父を心配するあまり、森の奥深くのにある不気味な古城に迷い込んだベルは、城の中で囚われの身となっている父を発見。父親の身代わりとなって、ベルは一人城に残ることになるのでした。

 

城には一匹の醜い野獣と身の回りの世話をする「動く」時計やタンス、ティーポットの召使が住んでいました。彼らは魔女に「他人を思いやれない罪」として恐ろしい呪いをかけられてしまい、醜い野獣と城の家具に姿を変えられた王子とその家臣たちでした。呪いを解くためには、野獣が誰かに愛されることが必要です。

 

はたして、ベルは呪いを解いてやることが出来るのか・・・。

 

「一体誰が愛してくれるだろう。こんな醜い野獣を・・・」と絶望する野獣と、純粋無垢なベルが次第に心を通わせていく奇跡のラブストーリーとなっています。

 

ダンスも見ごたえ十分で、テンポの良いラインダンスや呪いで家具に姿を変えられたダンサーのコミカルな踊りや、ベルと野獣による雰囲気たっぷりのチークダンスなどが楽しめます。

劇団四季 美女と野獣 <出典:www.theaterguide.co.jp>

雄大なアフリカの大地を歌い上げる ライオンキング

【あらすじ】
アフリカのサバンナにある「光に満ちた王国プライドランド」の王だった父を、自分の不用意な行動によって殺してしまったと思い込んだシンバは王国を去ることに。

 

しかしそれは王国の乗っ取りを狙う叔父スカーとハイエナたちによる陰謀でした。遠く離れた地で平和に暮らしていたシンバは、幼馴染だったナラに出会い、故郷の荒廃ぶりを聞かされます。父の死の原因が自分にあると信じるシンバは、どうしても故郷に帰る決心がつきません。

 

そこに父の亡霊が現れて、正当な血筋を持つ息子に、取るべき責任や役割を告げるのでした。

 

はたして、シンバはかつての栄光の王国を復活させることが出来るのでしょうか・・・。

 

アフリカの広大なサバンナで、生命の賛歌や責任を果たす大切さを歌い上げるミュージカルです。

劇団四季 ライオンキング <出典:www.shiki.jp>

雄大な自然を表現したダンスや、動物たちの優しさや力強さが表現されたダンスは観客の心を魅了します。

 

今回は劇団四季の公演するディズニー作品にスポットを当てましたが、まだまだ当劇団の魅力を語りつくせません。

 

ダイナミックで迫力満点の演出を行う大掛かりなセットや、世界観を忠実に再現した衣装など、ミュージカルとしてのクオリティは世界トップクラス。この機会にぜひ劇場に足を運んでください。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

ディズニー映画の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!