深津絵里・中村七之助で送る「ETERNAL CHIKAMATSU」の世界

深津絵里・中村七之助で送る「ETERNAL CHIKAMATSU」の世界

江戸時代前期に活躍した人形浄瑠璃作家・近松門左衛門の「心中天網島」。この作品をもとに、今回が初共演となる深津絵里中村七之助のダブル主演で”究極の愛”を描く戯曲が「ETERNAL CHIKAMATSU」です。

ETERNAL CHIKAMATSU <出典:www.umegei.com>

中村七之助の亡き父・中村勘三郎の遺志を、トニー賞など数々の演劇賞を受賞している実力派演出家デヴィッド・ルヴォーが受け継ぎ、そのアイデアによって作家・谷賢一が書き下ろした「ETERNAL CHIKAMATSU」。

今回はその「ETERNAL CHIKAMATSU」の概要や気になる見どころをご紹介します。



公演スケジュールとチケットは?


公演日程は、大阪公演が梅田芸術劇場ドラマシティにて2016/2/29~3/6まで、東京公演がBunkamuraシアターコクーンにて2016/3/10~3/27までとなっています。

チケットは現在一般発売中。東京公演では席に種類があり、コクーンシートのチケットは若干見にくい席の位置にはなりますが、お値段も6000円前後と他の座席に比べて気軽に鑑賞できます。

席が埋まってしまっている公演日もありますが、立ち見席や当日券の販売も予想されますので、諦めずに公式サイトなどをチェックすることをオススメします。


出演者も実力派揃い!

ETERNAL CHIKAMATSU <出典:www.bunkamura.co.jp>

この舞台は深津絵里と中村七之助のW主演。注目は、なんと中村七之助も女役というところ!「ETERNAL CHIKAMATSU」はWヒロインの不思議な舞台なのです。

共演には、TEAM NACSの音尾琢真や伊藤歩、中嶋しゅう。さらには、デヴィッド・ルヴォーが以前行ったワークショップにも参加していた矢崎広や入野自由など。

他にも中島歩、澤村國久、山岡弘征、朝山知彦、宮菜穂子、森川由樹がこの舞台を盛り上げます。



時を超えて蘇る縁!気になる内容は?

ETERNAL CHIKAMATSU <出典:blog.livedoor.jp>

豪華出演者で送る「ETERNAL CHIKAMATSU」。この舞台は一体どんな内容なのでしょうか?
その謎を紐解くキーワードは「幾世の時を超えた愛」にあります。

主人公は諸事情から売春婦となった子持ちの未亡人ハル。ハルは、彼女の元に通う常連客ジロウとの恋に落ちる。しかし、周囲の反対などからこの恋を続けられないと悟った彼女はジロウとの別れを決意。

自暴自棄になり、街をさまようハルはかつて曽根崎川のあった蜆川へたどり着く。そこで出会ったのは、ハルと同じ状況にいた遊女小春。時を超えて知る、近松門左衛門が紡ぐ古い恋の物語が今よみがえる…

注目ポイントは生音演奏!

ETERNAL CHIKAMATSU <出典:www.7th-avenue.co.jp>

舞台の内容も気になる「ETERNAL CHIKAMATSU」ですが、他にも見どころは盛り沢山!その一つが、この舞台を支える音楽です。

全編生音、しかも「時を超える愛」という特殊なストーリー展開のため、音楽は「ジャズと邦楽」が演奏されるとのこと。観劇中は美麗で迫力ある生音ならではの舞台演出にも注目してみてはいかがでしょうか。

Wヒロインで送るこの舞台ですが、片方は現代に生きる女性、もう片方は江戸時代に生きた遊女と随分時代設定もばらばら。

このヒロイン二人をどう繋ぐのか?そして近松門左衛門の名作「心中天網島」はどう現代に蘇るのか?あらすじを少し知ると、未来の歌舞伎界を担う中村七之助の女形にも納得がいきますよね!

それでもまだまだ想像がつかない「ETERNAL CHIKAMATSU」の世界、そして現代流の解釈で新しく生まれ変わった「ETERNAL CHIKAMATSU」。ぜひ観劇してみては?

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

演劇・舞台の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!