ミュージカル界のプリンスの井上芳雄の魅力とは。徹底解剖していきます。

ミュージカル界のプリンスという呼び名を持つ井上芳雄。
ディズニーにも参加しており、浦井健治と山崎育三郎とのユニットStarSでも活躍中です。

そんな彼の10月の舞台である「パッション」とはどんな内容なのでしょう。

 

井上芳雄とはどんな人物なのか

井上芳雄とは、ミュージカルを中心に活動している舞台俳優です。
1979年生まれの福岡県福岡市の出身で、東京芸術大学の音楽学部声楽科を卒業しています。妹は元宝塚歌劇団花組の初輝よしやです。
井上芳雄
<出典:md.pia.jp>

2013年に「ミュージカル界をもっと盛り上げたい」という井上芳雄の提案によって、浦井健治と山崎育三郎とともにStarSというユニットを結成し、CDリリースやコンサートの活動も行っているのです。

これからの演劇界を担う、将来を期待されている人物なのです。

 

なぜミュージカル界のプリンスと呼ばれているのか


井上芳雄はミュージカル界のプリンスと呼ばれています。

演じる役柄の幅広さ出演する作品の多彩さによって、高い才能を発揮しているからなのです。そして、華麗な歌声と舞台映えする端正なルックスで多くのファンを虜にしているのです。
どんな作品に対しても、全力でぶつかるその心意気には、各方面から称賛の声が集まっています。
井上芳雄
<出典:www.bsfuji.tv>

そんな井上芳雄を出待ちするために劇場の外で待つファンの長い列をプリンスロードと形容されているほど、高い人気を誇っているのです。

 

10月からの舞台公演「パッション」とは

10月から新国立劇場中ホールで行われる「パッション」は、ミスターミュージカルの異名を持つ、ソングライターのスティーブン・ソンドハイムによる日本初演のミュージカルです。トニー賞をはじめ、名誉ある賞をたくさん受賞している注目の作品です。
パッション
<出典:omoshii.com>

井上芳雄の個性を存分に活かすことができる、素晴らしい傑作になっています。
ミラノを舞台にめくるめく男女の愛がパステル調で展開され、ミュージカル界きっての実力派ぞらいのキャストが見事に演じきります。ソンドハイム・メロディにも注目です。

 

ミュージカル界のプリンスの井上芳雄

井上芳雄
<出典:matome.naver.jp>

井上芳雄は将来の活躍が最も期待されている、ミュージカル界のプリンスです。

そののびやかな歌声と舞台映えする甘いルックスで、多くのファンを夢中にさせています。幅広い役柄を演じることができる器用さを、兼ね備えています。

気になる方は、是非実物をご覧になってみてください。

コメントを投稿する

1 件のコメント

  • 3JAZZ CATS より:

    2001年5月5日にミュージカルエリザベートのルドルフを観て以来芳雄さんの大ファンで色々な出演作品とStarSのコンサートとメンバーそれぞれの公演を観るくらいクオリティーの高い御業とファンやお仲間への優しさに惚れ込みました。
    パッションも楽しみです。

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

演劇・舞台の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!