34,961 views

これからの期待値がめっちゃ高い星組娘役・小桜ほのかさんのめっちゃ可愛いプロフィール

宝塚歌劇団に入団するには、宝塚音楽学校で2年間学ばなくてはなりません。
この宝塚音楽学校には毎年多くの人が受験して、狭き門をくぐった人だけがタカラジェンヌになっていきます。

夢のタカラジェンヌになって、まさにこれからの星組娘役・小桜ほのかさんのプロフィールとめっちゃ可愛いと評判の「人となり」を紹介しましょう!

 

■全てがこれからのタカラジェンヌ、小桜ほのかさんの初々しいプロフィール

小桜ほのかさんは2011年に宝塚音楽学校に入学、2013年に宝塚歌劇団に入団した99期生です。
雪組公演「ベルサイユのばら-フェルゼン編-」で初舞台、その後星組に配属されています。
小桜ほのか <出典:http://kageki.hankyu.co.jp/star/kozakura_honoka.html>

出演作は2014年「The Lost Glory -美しき幻影-/パッショネイト宝塚!」、2014年「風と共に去りぬ」、2015年「黒豹の如く/ Dear DIAMOND!!-101カラット永遠の輝き-」とまだ少ない段階ですが、本当の活躍はまだまだこれからです。

 

■表情豊かな娘役という特技をいかした演技が見たい!


豊かな表情というのが、小桜ほのかさんの特技です。
小桜ほのか <出典:http://www.takawiki.com/tiki-index.php?page=Kozakura+Honoka>

本人も、舞台の中にいても観客の目に触れることができるよう表情を工夫するようにしていると語っています。
宝塚歌劇団といえばドラマチックなストーリーが多く、娘役はときに可憐な女性を演じ、ときに小悪魔的な女性を演じ、ときには悪女を演じなければなりませんから、表情豊かな小桜ほのかさんの特技がいかんなく発揮されそうな予感です。



■小桜ほのかさんが今後歩む?娘役の出世コース

まず新人公演で主演を務めるなどして注目されること、そして本公演で重要な役に抜擢されること、ヒロインに抜擢されること…トップ娘役となる出世コースと言えば、こんな感じですね。
もちろん、幅広くいろいろな役をこなして演技巧者となる娘役もいます。
星組公演 『ガイズ&ドールズ』 <出典:http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2015/guysanddolls/>

現在公演中の星組公演「ガイズ&ドールズ」の新人公演にも出演した彼女。今後、小桜ほのかさんがどんな娘役になるのかはまだまだ未知数です。
だからこそ、どのように発展をしていくのかを妄想するのも、ヅカファンの醍醐味じゃないでしょうか。

 

■おいしいものを食べると眠くなる?

小桜ほのかさんは、おいしいモノを食べてお腹いっぱいで幸せになると眠ってしまうそうです。

また一度ツボに入ると笑いが止まらなくなってしまうこともあるのだとか。そのルックスのイメージを裏切らない、めっちゃ可愛いプロフィールですね♪

宝塚歌劇団ではキャリアを積んで、人気が出てくるとお茶会などのファンとの交流イベントが開催されるようになります。
早く素の小桜ほのかさんに触れる機会ができるといいですね。

カテゴリー
タグ 娘役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!