2015年開催の概要が決定!今年の宝塚舞踊会の見どころと過去公演をおさらい

華やかな演目に注目が集まる宝塚歌劇ですが、その中でちょっと異色の存在「宝塚舞踊会」をご存じですか?

かつては毎年開催されてきた宝塚舞踊会ですが、今は2年に1回の開催となり、しかもたった1回のみの公演なのでチケットが超プラチナ化することでもおなじみですね。
宝塚舞踊会
<出典:ticketcamp.net>

今年は宝塚舞踊会が開催される年にあたっていて、9月15日に宝塚大劇場での開催が決まっています。2015年の宝塚舞踊会についての公演概要と、過去に開催されてきた宝塚舞踊会のあらましをご紹介しましょう!

 

■2015年に開催される第53回宝塚舞踊会の公演概要




2年に1回の開催なので、2013年に続く上演は今年2015年です。
今年の宝塚舞踊会は第53回となっていて、すでにかなりの伝統を感じさせる回数です。第53回は2015年9月15日の火曜日、宝塚大劇場にて開催されます。

日本の伝統芸能を演じる本格的な演目ということで、演出を担当するのは植田紳爾先生
宝塚舞踊会
<出典:sakurajadehouse.com>

植田紳爾先生は宝塚歌劇団の重鎮とも言われている人で、今の宝塚歌劇のイメージや形を作った人だとも言われています。今も宝塚歌劇団の特別顧問として深く関わっている人で、宝塚舞踊会の総合プロデューサーとして手腕を発揮しています。

そして気になる出演の顔ぶれなのですが、まずは専科の松本悠里さんは外せません。なぜなら日本舞踊松本流の名取として本格的な日舞を魅せてくれる人で宝塚歌劇団きっての第一人者だからです。
松本悠里さんが最も輝く演目といってもいいでしょう。
松本悠里
<出典:bbkids.cocolog-nifty.com>

他には花組から明日海りおさん、星組から北翔海莉さん、宙組から朝夏まなとさんなど、それぞれのトップが勢揃いします。

 

■そもそも宝塚舞踊会ってなに?


洋物の演目が多い宝塚歌劇というイメージがありますが、その中には意外に和物も多く見られます。
しかしそれはあくまでも宝塚風にアレンジされた和物という色合いが強いですよね。しかし、宝塚舞踊会はとことん和物にこだわって日舞などにこだわった本格的な演目です。
宝塚舞踊会
<出典:sakurajadehouse.com>

かつては毎年開催だったのが今では2年に1回の開催になり、過去公演を紐解いてみると2013年の第52回開催では「白寿宝扇抄」という総合タイトルが付けられていました。浦島太郎の話を宝塚風にアレンジした舞台もあったりと宝塚歌劇99周年にふさわしい華やかな内容でした。

2015年の第53回にも同じメンバーが何人も出演する予定なので、前回に負けない素晴らしい舞台で魅せてくれるはずですよ!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!