宝塚歌劇団の教訓「ブスの25箇条」には女性として美しく生きるヒントがいっぱいだった

宝塚歌劇団の教訓「ブスの25箇条」には女性として美しく生きるヒントがいっぱいだった


宝塚歌劇団
<出典:laughy.jp>



宝塚歌劇団には「ブスの25箇条」という教訓があって、その教訓は代々タカラジェンヌ達に受け継がれているそうです。この「ブスの25か条」は、女性ファッション雑誌などでも紹介されたことがあるため、ヅカファンでなくても知っている人は多いではないでしょうか。




女性にとって「ブス」とはもちろん、悪口でしかありませんよね。美しさを体現している宝塚歌劇団で、「ブス」と規定されることはどんなことなのか、女性にとって大いに気になるのは私だけではないはず!





■宝塚歌劇団代々の教訓「ブスの25箇条」とは?



ブスの25箇条
<出典:www.amazon.co.jp>



宝塚歌劇団の「ブスの25箇条」は、元タカラジェンヌの貴城けいさんの著書によって宝塚歌劇団代々の教訓であることが紹介されています。




さらに女性ファッション雑誌などでも扱われたため、目にしたことのあるヅカファンも多いでしょう。




そして「ブスの25箇条」を読んだ人は、なるほど!と納得することが多かったのではないでしょうか。というのも宝塚歌劇団の教訓「ブスの25箇条」は、顔の造詣やスタイルといったことで「美人」と「ブス」の基準を決めているものではないからです。








■「ブスの25箇条」を活かして美人になる!


ブスの25箇条
<出典:sakuramama.jp>


どんな顔立ちが美しい人でも行動や言葉に粗野なところがあれば、美人と思われるどころか嫌な印象を人に与えていまい、評判を悪くしてしまうことがありますよね。




一方で、容姿やスタイルが凡庸であっても、立ち居振る舞いが美しかったり、表情が豊かであったりすると、人に好印象を与えます。





宝塚歌劇団が受け継いでいる「ブスの25箇条」とは、容姿やスタイルについて美醜を判定しているのではなく、人から悪印象をもたれる言葉や表情、人を嫌な気分にさせる行動といったものを「ブス」と断じているのです。






例えば、「ブスの25箇条」に「笑顔がない」という一行があります。確かに、笑顔がなく無愛想な女性は、男性にも女性にも良い印象を与えないでしょう。





また「ブスの25箇条」には「お礼を言わない」という一行もあります。手伝ってもらったとき、何かもらい物をしたときなど、お礼は人間社会を円満にする基本といえる行動です。ちょっとしたことでもお礼をいうことで、相手の気分や自分の評判は全く異なってきますよね。








このように宝塚歌劇団の「ブスの25箇条」とは見た目の問題ではなく、女性として人間としてのダメ出しだったのです!






■「ブスの25箇条」は女磨きのバイブルだった


宝塚歌劇団の「ブスの25箇条」は女性として人間としてのダメな行動を戒めるための教訓です。






そのため、タカラジェンヌでなくても「ブスの25箇条」を見た多くの女性たちは共感を覚えるのではないでしょうか。転じて考えてみれば、宝塚歌劇団の「ブスの25箇条」と反対の行動を心がけるようにすれば、素敵な女性、魅力的な女性を目指せるということになります。






ここはひとつ、本当の意味での美しさを体現しているタカラジェンヌ達の教訓を参考にして女磨きをしちゃいましょう!

タグ
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!