宝塚のあの人と芸能人のあの人が実は姉妹!?ジェンヌたちの意外な関係性

宝塚のあの人と芸能人のあの人が実は姉妹!?ジェンヌの関係性に迫る!

宝塚には姉妹や双子や母娘同士なジェンヌや芸能人に姉妹がいるジェンヌがたくさんいます。似たような芸名をつけたり、顔も似ているので話題になりやすいです。血縁関係であることを知ると、オフの姿を垣間見ることができる気分になるためファンの心をくすぐる情報です。




芸能人に姉妹がいる宝塚のジェンヌと言えば・・・


2015年5月退団の星組娘役である音花ゆりは芸能人である相武紗季の実姉です。また母親は朱穂芽美という元宝ジェンヌで、芸能母娘でもあります。顔はパッと見ると目元が異なるためあまり似ていません。また姉である音花ゆりは歌姫と賞賛されるほど歌を得意とし、宝塚では歌が得意な人が抜擢されるエトワールを経験しています。その一方で妹である相武紗季は、テレビで歌を披露することがなく、CMでワンフレーズだけ歌うということが多いです。二人とも演技上手な点は似ています。

音花ゆり・相武紗季 <出典:http://laughy.jp/1442193645329116451>




今後は芸能人?宝塚の姉妹トップの行く末とは・・・

宝塚で初めて同時期に姉妹でトップ娘役になったのが夢咲ねねと愛加あゆです。2013年に愛加あゆがトップになってから退団する2014年までの約一年間は夢咲ねねが星組愛加あゆが雪組に所属し、姉妹でトップ娘役を務めました。姉の夢咲ねねは相手役の柚希礼音と共に6年間という長い間トップを続け、コンビで人気が高く、民間のテレビにも多数出演しました。妹の愛加あゆは退団後に舞台やテレビドラマに出演し、芸能人としての一歩を踏み出しています。

夢咲ねねと愛加あゆ <出典:http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2012/07/31/0005256777.shtml>



ファンが大喜び!宝塚の同じ舞台で姉妹が共演

宝塚に姉妹が同時期に入団すると、同じ組に配属されることは滅多にありません。しかし同じ舞台の同じ場面に姉妹で出演することがたまにあり、姉妹だと知っているファンを喜ばせるような演出があります。

2005年の月組エリザベートでは主演の彩輝直とその妹である彩那音の二人だけの場面がありました。また2010年のタカラヅカスペシヤルでは蘭乃はなすみれ乃麗の双子でコーナー紹介のMCを務め、会場を沸かせました。またその時の選曲がザ・ピーナッツであり、双子を匂わせる洒落た演出でした。

蘭乃はなとすみれ乃麗 <出典:http://prcm.jp/list/%E8%98%AD%E4%B9%83%E3%81%AF%E3%81%AA%20%20%E3%81%99%E3%81%BF%E3%82%8C%E4%B9%83%E9%BA%97>



血縁関係にあるとコネだと思われがちですが、宝塚では夢の世界を表現するジェンヌの普段の生活に近づけると感じさせるところが魅力であるため、姉妹などは公表しています。関係性を知るとよりジェンヌに近づくことができたと思うファンが、姉妹を両方とも応援するようになります。

タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

塚っ子お役立ち情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!