11,892 views

女子高出身でありながら長身イケメンと評判の高峰潤さんのプロフィールまとめ

t02200314_0240034312600732363
<出典:ameblo.jp>

宝塚歌劇団のある地元兵庫県の神戸で生まれ育った99期生の男役タカラジェンヌに、高峰潤さんがいます。
172cm近くあるスラッとした体型はまさに男役向きで、早くから将来を期待されている存在です。これだけ男前の高峰潤さんですが、出身は神戸の女子高です。

そんな高峰潤さんのことをもっと知りたい!という方のために、高峰潤さんのプロフィール情報をまとめてみました。

 

■女子高出身の高峰潤さん、華のある容姿にふさわしく花組配属

高峰潤 <出典:kageki.hankyu.co.jp>

先ほども触れたように、高峰潤さんは宝塚市と同じ兵庫県の神戸市出身です。
神戸山手女子高校という名前の通り女子高の出身なので、172cmという長身はさぞや目立っていたと思います。

2011年に宝塚音楽学校に入学、2013年に99期生として宝塚歌劇団に入団をしました。初舞台は雪組公演「ベルサイユのばら」です。翌年、2014年には花組に正式な配属となりました。花組というと宝塚の中でも中心的な存在、早くも華のある高峰潤さんにふさわしい配属だと思います。

なお、高峰潤さんの愛称は「ちぃ」または、「じゅん」です。「ちぃ」という愛称は本名に由来しているそうです。

 

■華やかな男役・高峰潤さんにふさわしいバイオグラフィ


花組に正式配属されてからひとつめの出演作品は、「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」の新人公演です。この公演で高峰潤さんはケンペン役を務めました。この作品は宝塚大劇場と東京宝塚劇場の両方で上演されました。
高峰潤 <出典:ticketcamp.net>

その後2014年の年末には「タカラヅカスペシャル2014 -Thank you for 100 years-」という宝塚歌劇団100周年を記念したメモリアルイベントに出演、こちらも華やかな舞台の似合う高峰潤さんにふさわしい演目ですよね。
2015年には花組公演「カリスタの海に抱かれて」の新人公演に登場、アルド・アルフォンソ役を務めました。

2015年の「スターダム」では本公演出演を果たし、いよいよ高峰潤さんの時代の幕開けですよ!

※記事初出時に、すみれコードに引っ掛かる情報がありました。訂正してお詫びいたします。

カテゴリー
タグ 男役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!