数々の新人公演で人気と実力を蓄え中の星組娘役・珠華ゆふさんが退団!

 

数々の新人公演で人気と実力を蓄え中の星組娘役・珠華ゆふさんが退団!

珠華ゆふ <出典:kageki.hankyu.co.jp>

2007年にタカラジェンヌとなった世代は93期生です。多くの新人公演をこなしていよいよ本公演へのステップアップをうかがう時期に差し掛かっているので、各々のジェンヌたちも飛躍に向けて力を蓄えているはず。

そんな93期生の中で活躍の目立つジェンヌとして、珠華ゆふさんを推したいと思います。残念ながら2015年7月に退団発表がありましたが、珠華ゆふさんのこれまでのタカラジェンヌとしての実績と、プロフィールなど人物像にも迫ってみたいと思います。

■多くのスターを輩出した93期生の実力派


珠華ゆふ <出典:www.instagram24.com>

福岡県出身で2005年に宝塚音楽学校に入学をした珠華ゆふさん、出身校は二丈中学校です。

2007年に宝塚歌劇団に入団をして、93期生のタカラジェンヌとなりました。同期には舞羽美海さん、愛月ひかるさん、彩風咲奈さんなどがいます。それぞれ男役、娘役としてスターになっている逸材揃いです。なお、舞羽美海さんはすでに退団をしていて現在は女優さんとして活躍中です。

愛称は「ゆふ」または「たま」としておなじみです。

■数々の新人公演で実力、人気、知名度がアップ

珠華ゆふ <出典:kageki.hankyu.co.jp>

珠華ゆふさんの初舞台は、2007年の星組公演「さくら/シークレット・ハンター」でした。その後星組に配属され、今も星組で活躍中です。

2009年3月には「My dear New Orleans -愛する我が街-」の新人公演に登場、ステラという娼婦の役を務めました。同年6月には「太王四神記ver.Ⅱ - 新たなる王の旅立ち -」の新人公演にも出演しました。

2011年にはバウホール公演にも出演を果たし、翌年の2012年には柚希礼音さんのライブイベントというユニークな演目にもチャレンジしています。2012年はその他にも多くの新人公演をこなし、とても珠華ゆふさんの知名度が高くなった年となりました。

2013年には再び柚希礼音さんのライブイベントに出演して、2014年には「眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯に-」の新人公演でレカミエ夫人の役を務めました。

※記事初出時に、すみれコードに引っ掛かる情報がありました。訂正してお詫びいたします。

タグ 娘役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!