花組ミーマイ(ME AND MY GIRL)カップルに萌える~役替りB~

宝塚花組の「ME AND MY GIRL」は何度も再演を繰り返している大人気作品です。見どころの一つが役替わり。

7月31日の千秋楽で幕を落としましたが、今回のミーマイではメインキャストの役がAとBがあり、雰囲気もガラッと変わっていましたよね。

そこで【役替わりB】について、その魅力を振り返ってみましょう。

■ミーマイA・B、役替わりの配役は?


ME AND MY GIRL <出典:https://www.facebook.com/TakarazukaRevue/photos/a.721894497912866.1073741884.229456127156708/721894547912861/?type=3&theater>

ミーマイの役替わりAのキャストは、ジョン・トレメイン卿役が瀬戸かずやさん、ジャクリーン・カーストン役は鳳月杏さん、ジェラルド・ボリングボーク役は芹香斗亜さん、セドリック・パーチェスター役が柚香光さん、ディーン・マリア公爵夫人役が仙名彩世さんです。

役替わりAもBもビルは明日海りおさん、サリーを花乃まりあさんが演じました。

芹香斗亜さんは役替わりAではジョン・トレメイン卿役を、柚香光さんは、役替わりAではジャッキー役を演じています。

■大人の雰囲気たっぷりの役替わりB


ME AND MY GIRL <出典:https://www.facebook.com/TakarazukaRevue/photos/a.239630152805972.33977.229456127156708/754782497957399/?type=3&theater>

役替わりAはかわいらしくてチャーミングな雰囲気が特徴でしたが、役替わりBでは大人の魅力を感じさせるミーマイになっています。

役にスポットを当ててみていきましょう。

仙名さんのマリア公爵夫人は貫禄があり、品のあるおばさま、という感じです。熱のこもった演技はつい見入ってしまいます。

男性っぽいジョン・トレメイン卿を演じていたのが瀬戸かずやさんです。低音の魅力も素晴らしいです。

役替わりAではジャッキー役を演じている柚香光さんは、役替わりBでは弁護士役です。美しくてソツのない雰囲気ですが、どことなくユーモラスな雰囲気が魅力です。印象に残る女優さんですね。





■はまり役のジェラルド


ME AND MY GIRL <出典:http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2016/meandmygirl/special_001.html>

役替わりBではジャッキー役を鳳月杏さんが演じています。天真爛漫のジャッキーを演じた柚香光さんとは対照的に、大人のセクシーさのあるジャッキーを好演していました。

セクシーではありながら、品のあるジャッキー。魅力的です。

鳳月杏さんは、月組出身です。芝居には定評のある月組ということもあり、その演技力には脱帽です。ていねいな役作りをしていることがよく分かります。

ジェラルド役の芹香斗亜さんは、はまり役。お坊ちゃま風の肩の力が抜けている演技は見ていて興味深いものでした。その役の気持ちに自然と共感することができます。

■完成度の高い花組ミーマイ


大人気作品でもあり、みなさんが熱のこもった演技をしています。役作りも徹底して行い、自分の役として演じているのが分かります。

役替わりAも役替わりBも素晴らしい仕上がり。何度見ても感動すること間違いなしの完成度の高いミーマイをみせてくれた花組。次回の公演にも期待が高まりますね♪

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!