ヅカオタ必読!宝塚グラフの人気コーナー「波瀾爆笑!?我が人生」とは

宝塚ファンの毎月の愛読書のひとつが「宝塚GRAPH」。主にカラーのポートレイトで構成された雑誌です。

宝塚GRAPH <出典:https://twitter.com/s4g7k/status/748870354404204544>

この雑誌に長年連載されているのがジェンヌを毎月ひとり取り上げてこれまでの生い立ちや音楽学校に入るまでの道のりを簡潔に面白おかしくコミック形式にしている「波瀾爆笑」。

今回はこの「波瀾爆笑!?我が人生」で紹介されたエピソードをいくつか挙げてその面白さを伝えていきます。

【「波瀾爆笑」の定番!音楽学校面談エピソード】



音楽学校受験の面談での失敗?話は「波瀾爆笑」では定番のネタといえるのですが、なかなか他ではきけない貴重な話です。

例えば柚香光さんの「父親はチョコレートをお土産によく買ってきてくれる」という発言や、桜木みなとさんの「演出家になりたいです!」という発言で、面接の方たちから爆笑されたエピソードは後々のそのジェンヌさんを語る際にいつまでも心に残るハイライトシーンです。

また、その時に知り合った同期や上級生との思わぬつながりがわかったりもします。

【「波瀾爆笑」の魅力とは】



これもファンならではの視点ではありますが、ジェンヌさんたちの幼少時のエピソードや兄弟、家族関係のつながりなど彼女たちがどんな風にして今の姿になっていったかを想像できるところが他にはない魅力といえます。







【「波瀾爆笑」がファン必携となった理由】




またそのジェンヌが初めて観た宝塚の舞台を知ることができたりもします。どのようにして宝塚への扉を叩いたのか…。ファンならばぜひとも知りたいところですよね!

楽しい上にジェンヌさんのまさに原点を知ることができる、それが「波瀾爆笑」がいつまでもファンから支持される理由なのでしょう。

この「波瀾爆笑」シリーズ、好評を受けて単行本として2冊発売されていますから(初回から100回まで)、昔のスターさんはどんな風にタカラジェンヌになったのかを手軽に知ることができますよ。

ちなみに単行本には「宝塚GRAPH」に収録されていたエピソードの他に、現トップスターさん5人の初舞台のエピソードの描き下ろしがありますからそのボリュームとともに気になるところです。

これまで知らなかった生徒さんの意外な一面も知ることができて楽しみが満載!宝塚ファンにとってはなくてはならない名物コーナーになっているのではないでしょうか。これからも長く連載を続けてほしいですね。

著者:Seikacat

タグ
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

塚っ子お役立ち情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!