13,596 views

お嬢様学校からやって来た花組男役・峰果とわさんの活躍が始まった

実力十分のタカラジェンヌが多く、粒揃いといわれる現在の花組。そんな花組で、圧倒的といえる歌唱力で注目されているのが男役の峰果とわさんです。171cmの長身という天性の男役体型も相まってファンが急増中の峰果とわさんについて、気になるプロフィールをご紹介しましょう。

峰果とわ
<出典:kageki.hankyu.co.jp>




日本一のお嬢様学校からタカラジェンヌへ




峰果とわさんは、東京都の出身です。しかも日本一のお嬢様学校といわれる聖心女子学院高等科からタカラジェンヌになったという、スゴい経歴の持ち主です。日本一のお嬢様学校から将来の有望な男役が誕生したというのも、なかなか素敵ですよね。


宝塚音楽学校に入学したのは2010年なので、入団は2012年という98期生です。同期には暁千星さん天華えまさん潤奈すばるさんなどすでにおなじみになっている面々がいます。



入団時の成績は、18番目でした。初舞台は宙組公演『華やかなりし日々』で、その後組回りを経て花組に配属されます。




華やかなりし日々
<出典:pocket-takarazuka.gackey.net>




宝塚歌劇団は組回りといって、正式に組配属されるまでいろいろな組の舞台を経験する仕組みがあります。峰果とわさんは配属が決まる前、組回りで星組公演『ロミオとジュリエット』などの舞台を経験し、その上で花組への配属が決定しました。






新人公演、海外公演でも着実に配役をゲット


本公演中に1回だけ上演される重要な舞台、新人公演。入団してから7年目までの新人、中堅どころのタカラジェンヌのみで行われる公演です。ここで活躍したら将来のタカラジェンヌ人生への大きな一歩となることもあって当の本人だけでなくヅカファンにとっても大変な関心事です。



峰果とわさんは若手の男役ながらその歌唱力によって舞台の上で存在感を示すようになってきています。そして新人公演についても確実に役を獲得するなど、いよいよ本格的な活躍が現実味を帯びてきました。



しかも、2015年の花組の台湾公演『ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編』にも参加しています。




峰果とわ
<出典:kageki.hankyu.co.jp>


ここまで着実にトップへの道のりを歩んできた峰果とわさん。

本格的な活躍の始まりは同時に正念場の始まりでもありますが、日本一のお嬢様が演じる歌唱力抜群の端麗な男役をこれからもウォッチしていきたいと思います!

----------
「トレタメ」編集部

ご愛読ありがとうございました。
【トレ♪タメ】では毎日、ジャニーズ、J-POP,V系、アニメなど、様々なジャンル情報を写真や動画付きでお届けしております。
外部サイトでは載らない写真・動画なども、【トレ♪タメ】ではご閲覧できます。
当記事の【トレ♪タメ】版はこちら→お嬢様学校からやって来た花組男役・峰果とわさんの活躍が始まった
----------

カテゴリー
タグ 男役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!