ロマン文学主義の代表作を舞台化、月組公演「舞音-MANON-」の見所紹介


ロマン文学主義の代表作を舞台化、月組公演「舞音-MANON-」の見所紹介

「マノン・レスコー」といえば、自由奔放な美少女とマノンと恋に落ちた男たちが破滅していくロマン文学主義の代表作である長編小説です。

その「マノン・レスコー」を原作として宝塚歌劇団で舞台化したのが「舞音-MANON-」です。

舞音-MANON- <出典:kageki.hankyu.co.jp>

数々の男性と恋愛に落ち、そして男性を破滅させていくマノンを描いたドラマチックなストーリーを、宝塚歌劇団がどのようにアレンジし表現するのか、その内容と配役が気になるところですね。

数々の舞台や映画にされてきた「マノン・レスコー」


文学作品として高い評価を得る「マノン・レスコー」は、今までも数多く舞台化されたり、映画化されてきています。その有名な作品を宝塚歌劇団では単なるミュージカル化するのではなく、「マノン・レスコー」を下地として、オリジナルストーリーを産み出しています。

マノン・レスコー <出典:www.shinchosha.co.jp>

宝塚歌劇団版の「舞音-MANON-」では、舞台を20世紀初頭のフランス領インドシナに設定して、金持ちたちとマノンの恋愛、そしてフランス軍の将校とマノンの愛ゆえの悲劇が描かれています。設定をフランス領インドシナにしていることで、舞台にはどことなくエキゾチックな雰囲気も漂います。

ドラマチックなストーリーは、宝塚の真骨頂

宝塚歌劇団といえばステージの華麗さもさることながら、ドラマチックなストーリーも見所のひとつですね。「舞音-MANON-」では、金持ちの男たちの心を次々に惹きつけ、自由奔放な生活を送る混血の美少女マノンが、将来を嘱望される青年と出会い、そして恋に落ちる話が描かれています。

しかしその愛は歓びだけを与えるものではなく、二人はやがて歯車が合わなくなっていく…。そんな二人の恋愛模様をご堪能あれ。

舞音-MANON- <出典:kageki.hankyu.co.jp>

月組トップスター龍真咲さんと、トップ娘役愛希れいかさんのコンビ

マノンを演じるのはシャープなダンスが定評のある愛希れいかさん。フェアリー系の美貌の持ち主ですが、今回は小悪魔系の美少女マノンを演じています。

愛希れいか <出典:www.tv-ranking.com>

そして相手役のフランスの若きエリート海軍将校を演じるのは月組トップスターの龍真咲さん。171cmのスラリとして長身を誇り、歌にダンス、そして凛々しい美貌を持つ龍真咲さんが、マノンを愛しながら放浪される青年を演じます。

龍真咲 <出典:ticket-news.pia.jp>

このトップコンビがどんな恋愛模様を描くのか、そのコラボレーションにも注目ですね。

タグ 舞音
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!