雪組公演『るろうに剣心』の見所と気になる配役は!

宝塚作品には、漫画を原作とするものがひとつのジャンルとして確立しています。

そんな漫画原作の演目にまたひとつ、新たな1ページが加えられようとしています。それは、連載開始から20年を経過した今も根強いファンが多い漫画、『るろうに剣心』の舞台化です。
るろうに剣心
<出典:laughy.jp>

雪組公演『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』は、2016年2月に宝塚大劇場で、2016年4月に東京宝塚劇場で上演されることが発表されました。あの人気漫画を宝塚歌劇団がどんな舞台にするのか、ミュージカル『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』の気になる見所と配役を、見ていきたいと思います!

 

■『るろうに剣心』ってどんな作品?




『るろうに剣心』は和月伸宏さん原作の漫画で、週刊少年ジャンプにて1994年4月から連載され、累計5900万部を超えた大ヒット漫画作品です。今までにもアニメや実写映画が製作されてきていて、そちらでも大ヒットをしているというものすごい作品なのです。実写映画では佐藤健さんが緋村剣心役を熱演しており、その再現度の高さが話題となりました。
るろうに剣心
<出典:topicks.jp>

『るろうに剣心』は激動の幕末に人斬りとして恐れられた剣客・緋村剣心が、明治の時代となってからは人を殺さないという誓いをたて、全国を旅する物語です。緋村剣心が旅の間に様々な人に出会い、ときには幕末時代の宿敵に出会って戦う姿が描かれていて、そのストーリーには個性的なキャラクターが多数登場します。
伝説の人斬り・緋村剣心のアクション、そして様々な人と出会い贖罪していく姿、ストーリーはもちろん各キャラクターの活躍は文句なしの見所でしょう。

この雪組公演『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』では剣心の恋敵にオリジナルキャラクターが登場したりと原作ファンも楽しみになること間違い無しのストーリーに注目です。
そんな脚本・演出は小池修一郎先生が担当されており、これまで数々のヒット作を手掛けてきた小池先生のオリジナル脚本に早くも胸が高鳴っている方も多いはず。この作品が新たな代表作となることに期待したいです。

 

■気になる配役を勝手に想像


舞台化をするのが『ルパン三世』の好演が記憶に新しい雪組ということで、より期待される『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』ですが、一番気になるのは、何と言っても配役ですね。
るろうに剣心 雪組
<出典:kageki.hankyu.co.jp>

主人公・緋村剣心の役はもちろんトップスターの早霧せいなさん。赤毛で長髪、優しく整った顔立ちの緋村剣心を早霧せいなさんが演じるとなれば、宝塚版・剣心がどんな活躍を見せるのか、妄想が膨らみますね。
先日行われた制作発表の様子も公開されていますよ!

<出典:https://www.youtube.com/>

ジャンプに登場するような「少年漫画の主人公像」を体現したような早霧さんが演じる剣心はルパンの時以上に世間を騒がせるのではないでしょうか。

そしてヒロインには、トップ娘役である咲妃みゆさんということになります。『るろうに剣心』の原作では、ヒロインである神谷薫と緋村剣心には10歳以上の年齢差がありますが、薫の少女のような可愛らしいルックスと芯の強さを持ち合わせたの咲妃みゆさんにぴったりはまるのではないかと思われます。

斎藤一には彩風咲奈が、武田観柳には彩凪翔、相楽左之助には鳳翔大、高荷恵には大湖せしる、四乃森蒼紫には月城かなとがそれぞれキャスティングされました。
るろうに剣心 雪組
<出典:http://kageki.hankyu.co.jp/>

そして気になる今作のオリジナルキャラクターである伝説の新選組隊士「加納惣三郎」は2番手スター望海風斗が演じます。加納惣三郎は剣心の恋敵というこれまでどのメディアにも登場しなかった宝塚歌劇にこそふさわしい役どころとなっているのでこちらも要チェックです!

誰もが知る少年漫画「るろうに剣心」が伝統ある宝塚歌劇団によってどう生まれ変わるのか、「るろうに剣心」の原作者である和月伸宏先生も"宝塚ファンに「るろうに剣心」を楽しんで頂ける、るろうに剣心ファンに「宝塚」を楽しんで頂ける絶好の機会" とおっしゃられているように宝塚の新たな1ページの幕開けとなる公演になるでしょう。

ぜひ劇場に足を運んでみてください!

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!