18,909 views

専科でキャリアを積み続ける実力派の男役・沙央くらまさんはこの先どこを目指す?

専科でキャリアを積み続ける実力派の男役・沙央くらまさんはこの先どこを目指す?


沙央くらま <出典:with-takarazuka.com>
ヅカファンならご存知のとおり、宝塚歌劇団には各組のほかに専科があります。

専科にはどの組にも所属していないタカラジェンヌが在籍し、組にとらわれない様々な舞台で活躍しています。

一芸に優れた人達が所属するところなので、かつては「演劇専科」や「ダンス専科」などジャンルごとに専科がありましたが、今ではひとつの「専科」となっています。

そんな専科に異動した男役の沙央くらまさん。いったいどんな一芸を魅せてくれるのでしょうか?

■天才バレリーナでもある沙央くらまさんのプロフィール

沙央くらま <出典:www.mxtv.co.jp>
幼少期からバレエを習っていた沙央くらまさんは、その延長で宝塚歌劇団を目指すようになったといいます。

中学校を卒業後、1999年宝塚音楽学校に入学し、2001年に87期生として宝塚歌劇団に入団します。入団時の成績は2位なので、その頃から注目を浴びる存在だったことがわかります。もしかすると、バレリーナとしても頂点を目指せる逸材だったのかも?

2001年「ベルサイユのばら2001」で初舞台を踏み、雪組に所属します。入団1年目で新人公演「愛燃える」で若手スター役に抜擢され、さらに2002年には阪急電鉄の初詣でのポスターモデルとなります。

また2003年~2004年には各組のホープが選出される宝塚専門チャンネルのスカイフェアリーズにも選出されています。阪急のポスターといい、スカイフェアリーズといい、エリート街道まっしぐらの沙央くらまさんなのです。

2006年新人公演「ベルサイユのばら」ではオスカル役をいとめ、2007年の新人公演「エリザベート」でもトート役をこなします。2013年に月組に組替え、そして2014年に専科に異動して数々の舞台で活躍しています。






■この先、大器はどこを目指す?

沙央くらま <出典:kageki.hankyu.co.jp>
男役として沙央くらまさんは雪組、月組を組み替えして専科に異動していますが、その専科に異動してからは舞台だけではなく、ディナーショー「SORRISO」を開催するなど、活躍は多岐にわたっています。このあたりは、さすが個性派揃いの専科所属の沙央くらまさんですね。

専科ではすでに10年以上キャリアがあるので、年齢は少し高めです。
しかし専科にはその分、演技に幅があったり、貫録があったり、独特の雰囲気を持っている人が多くいます。

専科所属のタカラジェンヌは主役をこなしてきた人も多く、ほかの組に異動してトップスターとなることもあるので、トップスターとなるまでの過ごす場所となっていたこともありました。

そんな専科でキャリアを積み上げて幅広い役をこなす沙央くらまさんについては、別格のトップスター扱い専科にて組に囚われない幅広い活躍を望む声が多くあります。

当の本人はこの先どこを目指すのか?それもファンにとってはとっておきのお楽しみですよね。

カテゴリー
タグ 男役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!