宝塚の新人激戦区!月組NEWスター・朝美絢さんの魅力って?

宝塚新人激戦区月組ニュースター朝美絢さんの魅力にせまる!

朝美絢さんは宝塚音楽学校95期生月組の未来を担う若手男役の一人です。宝塚音楽学校を主席で入学し、小学生の頃から習っていたクラシックバレエの経験を遺憾なく発揮しています。純粋に舞台に向き合う姿がファンの心を掴んでいる月組注目のニュースターです。

朝美絢 <出典:kageki.hankyu.co.jp>


朝美絢さんが掴んだチャンス


初舞台は2009年4月「宙組Amourそれは・・・」でした。その後月組に配属になっています。月組配属後多数の新人公演に出演した朝美さん。「TAKARAZUKA花詩集100!!」ではダンサーとしての魅力で話題をさらいました。しかし、彼女の魅力が最大限に発揮されたのは、やはり初主演の「PUCK」ではないでしょうか。

「PUCK」は涼風真世さんが初演し、22年ぶりに再演された「シェークスピアの真夏の夜の夢」からヒントを得た作品です。

妖精が主人公の名作ですが、当時の宝塚において渋いスーツ物でも歴史大作でもないこの作品は、再演が難しいとされていました。その中で朝美さんは純粋な主人公の妖精を熱演されました。朝美絢さんの澄んだ大きな瞳が妖精という役柄にピッタリだったのかもしれませんね。



宝塚新人公演とは何か?

新人公演とは入団して7年目までの下級生達が出演する公演です。

それは本公演では大きな役がもらえない・セリフをもらったことがない・いつも後ろの方で踊っているといった生徒たちが、上級生の役を与えられる事により自分をアピールする大きなチャンスを得られる場所です。

また演出家などのスタッフ達が若手の実力や魅力を知り、将来トップスターになる素質を持った生徒を見出すきっかけになる舞台でもあります。

宝塚新人公演 <出典:www.sankei.com>

新人公演で主演を演じるチャンスを与えられる事は、将来のトップスターの座を獲得するための大きなステップのひとつとなります。朝美絢さんはその大きなチャンスを自分の力で手に入れたのです。

朝美絢さんの芸名の由来

朝美絢という芸名の由来は、俳優小栗旬さんの大ファンだった朝美絢さんが芸名を決める際、小栗さんの父親で舞台監督の小栗哲家さんの口利きで「旬」の文字を頂き、本名と組み合わせて、朝美絢になりました。

ちなみに芸名は、宝塚歌劇団に入団する前に自分で考えたものを学校に提出し、OKが出ると決定するそうです。却下されることもあるので第二希望まで考え、決定すると芸名を元にサインも自分で考えます。

ファンである俳優さんの名前から一字もらって名前を考えるなんて、少し親近感が持てるエピソードでもありますね。

小栗旬 <出典:trend-japon.com>

「PUCK」の舞台でのローラースケートがうまく履けないというハプニングを、終始落ち着き柔軟に対処して、客席から笑いを取るほどの余裕をみせた大物ぶり。これからの月組の花形スターは朝美絢さんになるのかもしれませんね!

※記事初出時より、記事内に朝美絢さん以外の写真を掲載しておりましたことを、訂正してお詫びいたします。

※記事初出時に、すみれコードに引っ掛かる情報がありました。訂正してお詫びいたします。

カテゴリー
タグ 男役

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!