同じイニシャルを持つ2人の月組新人が放つ新感覚ステージ「A-EN」の公演間近レポート

朝美絢さんと暁千星さん、それぞれイニシャルがAで始まる2人の月組所属タカラジェンヌが新しいエンターテイメントに挑戦するというコンセプトの、「A-EN」。
A-EN
<出典:kageki.hankyu.co.jp>

Aは2人のジェンヌを表していて、ENはエンターテイメントを表す、タイトルだけを見ても新感覚のユニークな演目です。
この「A-EN」の内容や魅力、そしてダブルトップを務める朝美絢さんと暁千星さんにもスポットを当てて大いに語ってみたいと思います!

 

■月組期待の新人がダブルトップを務めて主演が変わる




ダブルトップとなる朝美絢さんと暁千星さんは、それぞれが月組所属で、名前のイニシャルがAであることに加えて、どちらも宝塚歌劇団100周年という節目の年に新人公演で主演を務めたというオマケがついています。

何かとメモリアルな2人にふわさしい新世紀エンターテイメントが、この「A-EN」というわけです。
この「A-EN」と書いてエイエンと読みます。
A-EN
<出典:riiz.hateblo.jp>

この2人はそれぞれ違う時期に主演を担当する日程になっていて、2015年8月29日から9月7日は朝美絢さんが、そこからバトンを受け取った暁千星さんは9月17日から9月23日までの主演を務めます。

 

■朝美絢さんと暁千星さんのギャグセンスが光る?ラブコメディ


この「A-EN」の内容にも目を向けてみましょう。

それぞれの主演に応じて演目が変わるようになっていて、前半の朝美絢さん主演舞台は「ARTHUR VERSION」としてツンデレ美男子が残念女子を究極の美少女にするというストーリー。
朝美絢
<出典:mainichi.jp>

後半の暁千星さん主演舞台は「ARI VERSION」と銘打って不思議系男子が逆に美少女からイケメンになるためのレッスンを受けるという内容です。
暁千星
<出典:ticketcamp.net>

そして、それぞれの第2幕では「A-EN MOONRISE」というエンターテイメントショーが上演されるという趣向です。
舞台演目については、どちらもラブコメディにチャレンジするということなので、朝美絢さんと暁千星さん、それぞれのギャグセンス(?)にも注目です。
エイエン
<出典:riiz.hateblo.jp>

主演以下の配役を見ても、花陽みらさん、玲実くれあさんなど、これからの世代を担う新人が起用されているのが目立ちます。
月組のこれからを担う新人による新感覚ステージに大いに期待しましょう!

タグ A-EN
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!