ネーミングが秀逸 公演デザート歴代人気ランキング!

宝塚ファンの一部から絶大な支持を受けているのが舞台上演中の公演デザートです。
公演中の期間限定でしか食べられないレアなものであることと、しかも毎回公演に関係したダジャレネーミングで笑わせてくれます。
人気となったそんな公演デザートたちを今回はランキング形式で紹介していきます!(あくまでも筆者が個人的な観点で選んだ順位です)

【公演デザートランキング第5位】

「私が踊ろ~るけ~き」

「私が踊ろ~るけ~き」 <出典:http://zukadays.com/post-10692>

花組公演「エリザベート」より、いわずもがなの名曲「私が踊る時」のダジャレです。
舞台オーストリアで愛されたチョコレートを使用していました!

【公演デザートランキング第4位】

宙組公演「王家に捧ぐ歌」より
「スゴツヨ!ラダムース」

「スゴツヨ!ラダムース」 <出典:http://cosumo0517.blog.fc2.com/blog-date-201508.html>

主人公ラダメスの名前と黄金をイメージしたマンゴーのコラボスイーツ。

【公演デザートネーミング第3位】

「こうもり博士の愉快なフルーツシューケーキ」

こうもり博士の愉快なフルーツシューケーキ <出典:grapefruitmarmalade.blog47.fc2.com>

これは星組公演「こうもり」のサブタイトル「こうもり博士の愉快な復讐劇(ふくしゅうげき)」からと思われますが、いつもよりも綺麗にまとまりすぎてダジャレだとは気付かないひとが多く見受けられてそれが少し残念との意見も。


【公演デザートランキング第2位】

「三日月藩(パン)ナコッタ」

三日月藩(パン)ナコッタ <出典:http://blog.goo.ne.jp/megohime-date/e/45fac36259e8ecbdce4be74728062b8b>

雪組公演「星逢一夜」における舞台三日月藩から。
ヨーグルト風味のパンナコッタにアラザンを散らして満点の星を演出!

【公演デザートランキング第1位】

2015年月組公演「1789」より
「1789-イイナパクパク‐」

「1789-イイナパクパク‐」 <出典:https://twitter.com/search?q=%E3%80%8C1789%EF%BC%8D%E3%82%A4%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%91%E3%82%AF%E3%83%91%E3%82%AF%E2%80%90%E3%80%8D&src=typd&lang=ja>

これはいわずもがな、お店の電話番号のようにタイトルから言葉を連想させたもの。
一応舞台となったフランスにゆかりのあるフランボワーズを使っていましたが、食材はあまり関係なく使用できる気楽さと昭和っぽさで堂々№1入りです!

【舞台をより楽しませてくれる公演デザート】

宝塚劇場 <出典:http://kageki.hankyu.co.jp/theater/takarazuka/rounge.html>

宝塚におけるデザート、特に東宝の劇場での公演デザートのネーミングセンスはファンがひそかに楽しみにしているほどのクオリティを誇っていましたがなぜか最近は大人しめ。

「もしかして人事異動で担当者が替わってしまった!?」などという憶測まで飛ぶほど
ファンの間で心待ちにされているのがよくわかります。

どんなネーミングかは事前にタカラヅカニュースで告知してくれますし、人気のため幕間であっても売り切れてしまうことが多いですが公演の余韻を味わいながら一度は体験してみたいものですね!

著者:Seikacat

タグ
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!