3,282 views

月組公演「アーサー王伝説」の配役は?原作や内容も気になる!

2015年にパリで初演後フランス各地をめぐるツアー公演で大旋風を巻き起こしたミュージカル「アーサー王伝説」が月組によって日本発上演が決定!

アーサー王 月組 <出典:http://www.imgrum.net/tag/%E6%9C%9D%E7%BE%8E%E7%B5%A2/J0HV5MqjgAAAF0HV5GnSAAAAFhIA>

キャストや原作の内容などご紹介していきます。

気になる配役は?


珠城りょう <出典:http://www.asahi.com/articles/ASJ3N6D8TJ3NPTFC00K.html>

10月14日から公演がスタートする「アーサー王伝説」ですが、まだメインキャストのみの発表となっています。

主な配役は、アーサー役:珠城りょうさん、グィネヴィア役:愛希れいかさん、モーガン役:美弥るりかさん、ランスロット役:朝美絢さんです。他キャストは公式ホームページでも未発表なので、続々と発表されるであろうキャストが楽しみですね。


主役のアーサーを演じる珠城りょうさんは月組の男役トップで、愛称は「りょう」「たまきち」と何ともかわいく元気な男の子を連想させる名前でファンからは呼ばれています。

男役二番手スターとして周りから「次期トップか?」と期待されていた期間がとても短く、短期間でトップにのぼったという人。いろいろな事情はありそうですが、トップになるべく人だったからこそ男役トップスターになれたのではないでしょうか?今回の「アーサー王」でさらにその地位を確かなものにしてくれるはずです。

原作「アーサー王伝説」ってどんなお話?


アーサー王 ミュージカル <出典:http://ameblo.jp/francais-x-japonaise/entry-12080602956.html>

今回の月組公演の原作となる「アーサー王伝説」とは、中世の騎士道物語のひとつで、アーサー王の誕生から死までを描いた壮大な物語です。元はひとつの物語ですが、現在残っているアーサー王伝説は伝えられた作品によって細部に違いがあることも面白さのポイントです。


原作は4部の構成から成る長編物語ですがその一部を切り取って宝塚版「アーサー王伝説」が上演されるのです!

原作を先に読んでおいて舞台との違いを見比べるもよし、ミュージカルを純粋に楽しんだあとで原作にふれてみるものよし。ミュージカルだけ楽しんでももちろんよいのではないでしょうか?





宝塚版「アーサー王伝説」の特徴は?


アーサー王 月組 <出典:http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2016/arthur/poster.html>

今回の月組公演で行われる部分は、ケルト人であるアーサー王が隣国よりグィネヴィアを妃として迎え、円卓の騎士という忠誠を誓う騎士たちと共にサクソン人の脅威から国を守るために奔走している頃。そこへ湖の騎士であるランスロットが円卓の騎士へ加えてほしいとキャメロットへ願い出るところから始まります。

アーサーが若くして王となる運命を背負いその責務と愛の間で揺れ動くさまを月組流にアレンジして上演されるのが楽しみですね。

舞台音楽はケルト地方の民族音楽をポップ調にアレンジしたフレンチ・ロック。他の「アーサー王伝説」とは全く違ったステキな魅力いっぱいのミュージカルになることでしょう。

新体制になった新月組の初公演をお楽しみに♪

カテゴリー
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!