元宝塚歌劇団花組トップスター、真矢ミキさんの波乱に富んだ芸能人生

宝塚歌劇団花組の元トップスター、真矢ミキさんがこのたび国分太一さんとコンビ組んでテレビ番組でMCとして活躍し始めました。

真矢みき・国分太一 <出典:http://girlschannel.net/topics/399658/>

「白熱ライブ ビビット」という番組で、視聴者目線でニッポンの朝にビビッとくる刺激を毎週月曜~金曜の朝8時から全国に届けるというコンセプトです。

久しぶり(?)に元気で、相変わらずの美しい姿を見せてくれているミキさんの生い立ちや、宝塚歌劇団のトップスターだった時にスポットを当ててみましょう。

 

■元祖・大トップスター、大地真央さんに憧れて宝塚歌劇団に入団



真矢みき・宝塚 <出典:http://shimatsuzuki.main.jp/wp/?p=1988>

元宝塚歌劇団花組トップスターの真矢ミキさんは広島市西区南観音町生まれの大阪府豊中市育ちで、今は女優、司会者として活躍中です。
真矢ミキさんは幼少期を広島市で過ごして、その後は父親の転勤で各地を転々。中学校卒業まで8回も転居しましたが、中学校の三年間は大阪府豊中市で、日舞を習いたいと宝塚コドモアテネに通いました。ここで初めて宝塚との接点が生まれます。

大女優で元宝塚歌劇団の大トップスター、大地真央さん(月組)に憧れて、豊中市立第二中学校を卒業後1979年に宝塚音楽学校に入学。
1981年に第67期生として宝塚歌劇団に入団しました。同期は女優の黒木瞳さん、涼風真世さんや毬藻えりさん、現役では雪組組長の梨花ますみさんなど、大女優のオンパレードです。

黒木瞳 <出典:http://www.sapporobeer.jp/news_release/0000010051/>

タカラジェンヌとしては、初舞台当初から大きな注目を集め、歴代の花組トップスターに引けをとらない個性派スターとして多くのヅカフアンを獲得。1992年~1995年は、2番手でしたが、トップと同等の扱いで大活躍。安寿ミラさんとの男役同士のコンビが話題になり、ついに1995年の「エデンの東」で花組トップスターの地位につきました。

 



■ヅカの革命児と言われた型破りの活躍と、どん底を経験した時代


真矢ミキさんはとても個性の強いタカラジェンヌで、その舞台人生にはいくつかの伝説も。
長髪のヘアスタイルナチュラルな舞台メイク、彼女にしかできない独特の着こなしや、退団直前には、つんく♂プロデュースによる日本武道館でのソロコンサートを開催する一方で、篠山紀信氏の撮影による写真集の出版など、宝塚歌劇団に新風を吹きこみ、ヅカの革命児とまで言われました。

真矢みき・Guy <出典:https://dot.asahi.com/wa/2015071500080.html>

1998年10月5日、「SPEAKEASY」の東京公演千秋楽を最後に宝塚歌劇団から退団、芸能界入りをしました。しかし、この事務所からまさかの戦力外通告を受けどん底を経験した時代もあったのです。意外ですよね。

そんなことにはめげないのがミキさん。
かつての名声を捨て、「踊る大捜査線 ― レインボーブリッジを封鎖せよ!」のオーディションを受け、2003年にフアン待望の芸能界復活を果たしました。

真矢みき・踊る大捜査線 <出典:http://buzz-press.com/mayamiki-oscar-8653.html>

ファンクラブVENUSでの彼女のブログを見ると、彼女の人生観である、“「一瞬の閃き」が時には大切。だから精一杯のことをしたら、あとは何かが閃くのを待つ”という信念がひしひしと伝わってきます。

「白熱ライブ ビビット」でヴィヴィッドに活躍する真矢ミキさん、このプロフィールを知ったらちょっと見る目も変わってきませんか?

タグ 男役

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!