『こうもり』で魅せる"みちべに"のアドリブがすごすぎる!

星組公演「こうもり」ショー「THE ENTERTAINER!」
星組 こうもり <出典:http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2016/die_fledermaus/>
北翔海莉さんがトップとして就任してから2作目となるこの公演は古典オペレッタ「こうもり」をベースにしながら、主人公をこうもり博士に置き換え恋愛を盛り込むなど宝塚仕様のために改変を加えています。

新作ショー「THE ENTERTAINER!」に大注目!

ショーは若手演出家・野口幸作氏による新作。
SEO的な画像名 <出典:http://prcm.jp/album/fd2ceff799d53/pic/55597824>
もちろん102期生のラインダンスはもちろんのことショーの王道を踏襲しつつ、若手スターたちの個性に配慮したアイドル的場面を盛り込むなど、みどころを詰めすぎるほど詰め込んだレビューとして充実した内容となっています。

花のみちの桜が舞い散る春に上演される初舞台公演「こうもり」

「こうもり」は、春にふさわしいコメディタッチと幸せがあふれる公演。
星組 こうもり <出典:http://www.asahi.com/articles/ASJ3R0FKQJ3QPTFC020.html>
どこかアドリブかわからないほどのテンポとスピード感、卓越した舞台のこなし方を会得した円熟スターがそろっているからこそできる王道舞台に仕上がっています。

「こうもり」でみせるトップ&二番手のアドリブが秀逸

とりわけネット上で話題になっているのが、ショーでの北翔さんと紅さんふたりの掛け合いです。

毎回よくここまでと思わせるほどで、次はなにをみせてくれるの?と思わず期待したくなってしまうのがこのシーン。今回は特に客席を沸かせたその一部分を紹介します。
星組 こうもり <出典:http://www.sankei.com/west/news/160318/wst1603180091-n1.html>
新人公演がある日の場面でのこと。

北翔「私の曾孫(注:若手たちのこと)が夕方6時から新人研修会(注:新人公演のこと)。しっかりやりなさい!」

舞台上の若手たち「頑張りまーす」

北翔「4100円だからあんたも見てあげて」

紅「見る予定よ!一緒に見ましょう」

北翔「嫌~あんたの隣は」

また別の公演では、

北翔「私は……106歳…最近肩が痛くて…病院に行ったら…五十肩だと言われて何がなんだかもう… 」

紅「あなたの話ワケわかんなくなるのよ!やりなおし! 」

北「あんたの衣装、いつも目がチカチカするんじゃ〜 目が…」

紅「そんなメガネずれててちゃんと見えてるわけ?」

北「安心してください、みえてますよ」

紅「はいやり直し!」

アドリブとともに進化する芝居に注目!

こうもり 星組 <出典:https://www.youtube.com/watch?v=4TGGI5ab0NI>
その時の時事ネタや機転をきかせた笑いならこれまでの公演でもたびたび披露してきた北翔さん、そして紅さんは紅5でみせてくれたように違うカラーでありながら笑いの鋭い感性を持つふたりならではの名場面。

ますます進化していく星組「こうもり」「エンタテ」を観る楽しみのひとつ。このトップ二番手ふたりの抱腹絶倒の芝居を決して見逃さないでくださいね。

著者:Seikacat

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!