退団後の活躍に隠れた苦労話を知って元月組トップ娘役の風花舞さんをもっと好きになろう

宝塚歌劇団でトップスターとなったタカラジェンヌの多くは、退団後も舞台やミュージカルなどで活躍しています
特にトップ娘役を務めたタカラジェンヌは、女優として幅広く活躍している人が多くいます。
風花舞
<出典:omoshii.com>

元月組トップ娘・風花舞さんもそのひとりで、退団後は舞台やミュージカルはもちろんのこと、テレビドラマや、CMなど、またバラエティ難組でも活躍!
その幅広い活躍ぶりはファンにとって頼もしい感じすらありますよね。

 

■パーフェクトな芸能人生!風花舞さんのプロフィールをご紹介




幼い時から松山バレエ団に所属していた風花舞さんは、1990年に76期生として宝塚歌劇団に入団します。
風花舞
<出典:ameblo.jp>

入団時の成績は2位と、その頃から実力は突出していて、花組公演「ベルサイユのばら~フェルゼン編~」にて初舞台を踏みます。
その初舞台では新人でありながらソロでのダンスシーンが与えられたことが伝説になっています。

その後月組に所属、1994年の「たけくらべ」「WANTED」「ローン・ウルフ」の舞台では早くもヒロインを務め、娘役2番手スターとなります。
ローン・ウルフ
<出典:blogs.yahoo.co.jp>

1996年にトップ娘役となり、久世星佳さん、真琴つばささんといったトップスターの相手役を務めます。

 

抜群の演技力を持つ風花舞さんは、1998年には娘役単独主演でダンスリサイタル「LAST STEPS -月明かりのワルキューレ-」を成功させ、1999年「黒い瞳/ル・ボレロ・ルージュ」の舞台を最後退団、文句なしの有終の美を飾りました。
風花舞
<出典:blogs.yahoo.co.jp>

宝塚歌劇団退団後、本名の宮崎優子に改名して芸能活動を開始、女優として数多くの舞台を踏むほか、テレビドラマやバラエティなど幅広い活躍をしています。
タカラジェンヌ時代はもちろん、まさにパーフェクトな芸能人生なのでした!

 




■活躍の裏にあった挫折と苦労が風花舞さんをさらに大きくした


風花舞さんというと宝塚歌劇団時代は早くから演技力やダンスの素晴らしさが認められ順調にトップ娘役となって退団し、その後も女優として順調に活躍している人のように見えます。

しかし、宝塚時代に傷めた左膝前十字靭帯を退団後に再出術するなど、表に見えているほど順風満帆だけではない苦労や努力をしています。
風花舞
<出典:www.swan-ballet.com>

その苦労や努力があったからこそ、退団後も幅広いジャンルで活躍し、ゲストインストラクターでジャズダンス・バレエ・シアターダンスの講義を行ったり、2010年の舞台「ディートリッヒ ~生きた 愛した 永遠に~」では演出助手という裏方仕事をしたりと、マルチな活躍ができたのでしょう。

さらに面白いのは、オドラマでも活躍していること。

視覚的に訴えることができないので、より深い演技力が問われるラジオというのは、まさに風花舞さんの本領発揮じゃないでしょうか。

再手術によって風花舞さんの魅力のひとつであるダンスを活かせるようになり、バックダンサーとしても活躍しています。
いったいいつ寝ているの?と心配になってしまう活躍ぶりですが、これも風花舞さんの魅力なんですね。

タグ 娘役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!