芹香斗亜さんが「雪華抄/金色の砂漠」のポスターに返り咲き!役どころもご紹介!

芹香斗亜さんがポスターに登場!注目の公演

宝塚花組の男役2番手として人気上昇中の、芹香斗亜さんが、久しぶりに大劇場公演『雪華抄/金色の砂漠』のポスターに登場しました!
雪華抄・金色 <出典:http://www.macaronrinn.click/tag/%E9%9B%AA%E8%8F%AF%E6%8A%84>
ファンにとっては、待ちに待ったポスター登場に胸をわくわくさせている人も多いのではないでしょうか?

久しぶりのポスター登場で、期待が膨らむ、今回の公演の気になる配役や見どころをみてみましょう!

ポスターを見ていると砂漠の王子様とお姫様のお話かなと思ってしまいますが、内容を見てみると、架空の砂漠の王国を舞台に繰り広げられる王女に恋心を頂く奴隷の愛と報復の物語となっているようです。

愛と報復の物語と聞くとハテナとなってしまいますが、宝塚らしく、激しい愛憎劇が繰り広げられる事は間違いありません。

プライドの高い王女を何とか手に入れようと、奴隷ながらも誇り高い男性の物語です。

久しぶりの新作!気になる配役は?

気になる配役は、王女タールハーミネ役に花乃まりあさん、王女に思いをよせる奴隷ギイ役に明日海りおさん、そして、王国の奴隷役ジャーで登場するのが、芹香斗亜さんです。
芹香斗亜 <出典:http://kageki.hankyu.co.jp/star/serika_toa.html>
今回の公演、雪華抄・金色の砂漠は、花乃まりあさんのサヨナラ公演となるので更に注目が集まっていますね。

そして芹香斗亜さんが待ちに待ったポスターに登場!!これにはファンの皆さんも感涙のご様子…。

2015年3月に上演された「カリスタの海に抱かれて/宝塚幻想曲」から正式に花組の2番手になった芹香斗亜さんですが、それ以降ポスターに登場することもなく、、、涙

今回の芹香斗亜さんの役どころは花乃まりあさん演じるタルハーミネが治める「イスファン」という国の奴隷。

ポスターでは奴隷とは思えないようなきらびやかな衣装を身にまとっていらっしゃいますが、演出は上田先生ということで一筋縄ではいかない展開が予想されますね!




芹香斗亜さんのめざましい活躍

芹香斗亜さんは、2007年に宝塚に入団してしばらくは月組で新人公演の主役を務めるなど、活躍をしてきました。

もともと、お父さんが野球解説者の山沖之彦さん、お母さんが元多タカラジェンヌの白川亜樹さんという血筋の為、入団当初から注目を集めていた方でもあります。

しかし、親の七光りを感じさせず、その実力は本物で、新人公演では何度も主役をはるほどの人気を博しています。
芹香斗亜 <出典:http://laughy.jp/1442193815729162235>
最近の活躍では2015年、阪急交通社の7代目イメージキャラクターとして活躍されたのが目新しい活躍といえます。

これも娘役のスターがイメージキャラクターを務めるのが今まで多かった中、異例中の異例と言えるほどの大抜擢と言われています。

人気と実力を兼ね備えているスターならではのエピソードともいえます。

ショーと演劇両方を満喫できる舞台

雪華抄/金色の砂漠 <出典:http://tweez.net/s_pajama/>

久しぶりの新作劇場公演でもある『雪華抄/金色の砂漠』は、金色の砂漠のストーリーに加えて、前半で行われる雪華抄のショーも気になるところです。

国際的に活躍デザイナー丸山啓太さんの衣装デザインにも注目しつつ、ショーと演劇両方を満喫しましょう♪

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!