元花組トップ娘役蘭乃はなさんとエリザベートの不思議な縁

在団時にはトップ娘役として大活躍、そして退団後も女優として活躍している蘭乃はなさん。

宝塚歌劇団のサヨナラ公演で演じた「エリザベート」を、退団後の初舞台でも演じるという、ちょっと不思議な縁のある元タカラジェンヌです。さらに「エリザベート」を史上最年少で演じたということでも注目が集まり、何かと「エリザベート」つながりの蘭乃はなさんなのです。
蘭乃はな
<出典:matome.naver.jp>

それでは、蘭乃はなさんの活躍を、宝塚歌劇団入団時から時系列にご紹介しましょう!

 

■双子ジェンヌというとても珍しい蘭乃はなさんのプロフィール

蘭乃はなさんは、双子の姉妹であるすみれ乃麗さんと一緒に2004年宝塚音楽学校に入学、2006年宝塚歌劇団に92期生と入団して姉妹で同級生となったという、これまた珍しいケースのタカラジェンヌです。
初舞台は宙組公演「NEVER SAY GOODBYE」で、その後月組に配属されました。

2008年「夢の浮橋/Apasionado!!」の新人公演でヒロインに抜擢されて、その後の2010年宝塚バウホール・日本青年館「HAMLET!!」では順当にヒロインを獲得します。
蘭乃はな HAMLET
<出典:plaza.rakuten.co.jp>

その後、花組に異動となって2010年にはトップ娘役に就任。「麗しのサブリナ/EXCITER!!」がお披露目公演となりました。「ファントム」「復活/カノン」「オーシャンズ11」「戦国BASARA-真田幸村編-」「ベルサイユのばら-フェルゼンとマリー・アントワネット編-」など数々の舞台に出演して、すっかり花組の顔になりましたね。
そして2014年、「エリザベート -愛と死の輪舞-」を最後に宝塚歌劇団を退団しました。

 

■スカイ・フェアリーズでタレント性も開花


宝塚専門チャンネルのナビゲーターであるスカイ・フェアリーズには、各組でそれぞれ期待されているタカラジェンヌが選ばれます。
蘭乃はな
<出典:laughy.jp>

蘭乃はなさんも2008年に紫門ゆりやさんと一緒にTAKARAZUKA SKY STAGE第7期スカイ・フェアリーズを務めています。当時からカリスマ性やタレント性を発揮していた蘭乃はなさんに、豊かな才能を感じたヅカファンも多いはず。

 

■「エリザベート」に終わり、「エリザベート」で始まった女優人生

元タカラジェンヌの中には、退団後も芸能界で活躍する人が多くいますが、蘭乃はなさんも目下舞台で活躍中です。
蘭乃はな
<出典:plaza.rakuten.co.jp>

宝塚歌劇団でサヨナラ公演となった「エリザベート」には不思議な縁があるのか、退団後の初舞台でも同じ作品を演じています。持ち前の華やかさは退団後も健在なので、ヅカファンだけでなく新しく獲得したファンに支えられて、華麗な姿をこれからも見せてくれそうですね!

タグ 娘役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!