6,346 views

花組娘役・桜咲彩花さんのプロフィールと今後の活躍予想!

2007年に93期生として宝塚歌劇団に入団した桜咲彩花さんは、
花組の舞台を支える中堅の娘役です。

新人公演で2回もヒロインに抜擢されるなど躍進中の桜咲彩花さんのプロフィールと、
今後の活躍を勝手に展望してみました。


卒業時の成績は中程だった桜咲彩花さんのプロフィール

桜咲彩花
<出典:kageki.hankyu.co.jp>

大阪府出身の桜咲彩花さんは、2005年に宝塚音楽学校に入学、
2007年に93期生として宝塚歌劇団に入団しました。
入団時の成績は27番という中程の順位でした。

星組公演『さくら/シークレット・ハンター』で初舞台を踏んだ後、花組に配属。
その後、名作との呼び声も高い『哀しみのコルドバ』をはじめ、
『外伝ベルサイユのばら -アンドレ編-』など人気の演目に相次いで出演しています。

新人公演でヒロインを2回獲得!


桜咲彩花
<出典:www.voiceblog.jp>

宝塚でトップを目指すための重要な登竜門が、新人公演です。
数々のトップスターたちが伝説を残してきた舞台ですが、
桜咲彩花さんは2011年2月の『Le Paradis!!-聖なる時間-』にて初ヒロインを獲得。
しかも、ちょうど2年後の2013年2月には『オーシャンズ11』の新人公演で再びヒロインに抜擢!

新人公演でヒロインを2回も務め、その後、幅広い役を演じている桜咲彩花さん。
これはもうスターへのステップを着実に踏んでいるタカラジェンヌのひとりといってよいでしょう。

スカイ・フェアリーズとしても活躍、いよいよ始まる桜咲彩花さんの活躍

桜咲彩花
<出典:matome.naver.jp>

宝塚専門チャンネル『TAKARAZUKA SKY STAGE』のナビゲーター、
スカイ・フェアリーズは、
各組から期待されている新人が選ばれるのがお約束。
桜咲彩花さんは2009年に、真瀬はるかさんと共に第8期スカイ・フェアリーズを務めていました。
ファンの人たちにとっては舞台とは異なる桜咲彩花さんの顔を見ることができたことは、
その後の活躍に大きな意味を持っていましたね。

いよいよ新人という枠を超えて本格的な活躍が始まる予感!
桜咲彩花さんのこれからにも注目していきましょう♪

カテゴリー
タグ 娘役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!