花組の再演が見事にハマった『新源氏物語』の最新観劇レポ

『新源氏物語』は紫式部の『源氏物語』を原作とするミュージカルで、宝塚歌劇団の黎明期から再演が繰り返されてきた人気の演目です。

その『新源氏物語』を、今回は花組が再演!宝塚の再演は単なる再演ではなく、前回の舞台をリニューアルし、パワーアップさせることでもおなじみですね。

そんな注目の花組公演『新源氏物語』ではどんな宮廷絵巻が描かれたのか?どうパワーアップしたのか?その詳細を観劇レポしちゃいましょう!




新源氏物語
<出典:www.daily.co.jp>





2015版『新源氏物語』の見どころは、やっぱりアノ人




主人公である光源氏とは、幼少の頃から美貌と才能に注目されて「光る君」とあだ名されたことによる呼び名です。

光源氏は母親の面影を求め、生涯の中で様々な女性と関係を持っていきます。その光源氏の生涯を描いたのが紫式部の『源氏物語』であり、宝塚歌劇団で舞台化されました。

そして『源氏物語』については、伝説の男役スター・春日野八千代さんが光源氏を演じて大変な人気を博したことで知られています。春日野八千代さんのまさに光り輝く君そのものといったショットは資料写真などで見ることができ、その美しさに今でも惚れ惚れとしますよね。



春日野八千代
<出典:ticketcamp.net>




しかし!その美しさは今回の花組公演『新源氏物語』でも我らがトップスター・明日海りおさんの光源氏も負けてはいません。今回の花組公演『新源氏物語』での明日海りおさんの光源氏に萌えた人は多かったはず。


『新源氏物語』の見どころは、何と言ってもトップスターと娘役との絡みが多いところです。数々の女性と光源氏との恋愛が、美しいメロディに乗って絵巻物のように描かれていました。



明日海りお
<出典:astand.asahi.com>






華麗な王朝絵巻を、花組が実力通りに再現


『新源氏物語』の魅力のひとつは、華麗な宮廷絵巻が舞台の上に描かれているところですね。幕開けから、まずその豪華さに息を飲みます。特に衣装のきらびやかなところはそれだけでも目を奪われました。






明日海りおさんの光源氏や女性たちの姿が美しいのはもちろんですが、姿ばかりではなく、その立ち振舞いにも目が惹きつけられます。その非日常感は、さすがタカラヅカ。




新源氏物語
<出典:ticketcamp.net>


六条御息所を演じるのは、男役スターの柚香光さん。六条御息所は光源氏よりも年上で、だからこそ光源氏に対する愛情や嫉妬を押さえてしまい、嫉妬で葵上を殺してしまうことになる女性です。



新源氏物語
<出典:theater.favclip.com>




その六条御息所を男役スターの柚香光さんが演じたことによって、光源氏のお姉さん的な、きりりとした年上の女性というのをよく表現されていたと感じました。

『新源氏物語』は登場人物が多い舞台です。その点でも現在の花組は芸達者なタカラジェンヌが揃っているので、『新源氏物語』の花組再演は正解だったと感じられる舞台でした。

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!