宝塚退団後も活躍している退団者は誰?歴代卒業生の退団理由

宝塚歌劇団と言えば、退団した後も女優業やタレント業で活躍している方が多く見られる劇団です。退団してからの活躍を見守るファンも数多く存在します。
そこで今回は、宝塚退団後も活躍している方や、歴代卒業生の退団理由などについてご紹介します。

天海祐希 <出典:http://topicks.jp/18527>



テレビや映画での活躍が目覚ましい退団者

宝塚歌劇団を退団後、テレビや映画で活躍している方の代表的な卒業生が天海祐希さんです。天海さんは1987年に宝塚歌劇団に入団し、その後月組のトップスターとして活躍しました。

彼女は入団当初から注目を浴びており、短期間で主役に抜てきされたりスピード昇格したりと、劇団内でも目覚ましい活躍を見せました。その活躍ぶりは今では「伝説」と評されることもあります。天海祐希さんが宝塚歌劇団を退団するニュースは全国的に話題となりました。

天海祐希 <出典:http://topicks.jp/32300>


また、真矢みきさんもCMなどで活躍を続けている宝塚退団者の1人です。真矢さんは1981年に宝塚歌劇団に入団し、その後花組のトップスターとして活躍しました。

真矢みき <出典:http://newbo.jp/mayamiki/>

天海さんと真矢さんは、宝塚歌劇団で磨いた演技力や独特の雰囲気を武器に女優として圧倒的な存在感を放っています。ヒットドラマにも数多く出演しており、幅広い層から人気を集める存在となりました。

天海さんと真矢さんの退団理由について、ファンの間では「女優として大成したかったのではないか」などと推測されていますが、明確な理由は2015年になっても公表されていません。



takarazuka-after-taidan-also-have-been-active




舞台で活躍を続ける退団者

宝塚歌劇団を去った後も、舞台を中心に活躍を続けている退団者も少なくありません。大地真央さん涼風真世さんも舞台を中心に活躍を続けている卒業生です。
大地真央さんは1973年に宝塚歌劇団に入団し、男役のトップスターとして活躍しました。当時娘役であった黒木瞳さんとのコンビは有名です。大地さんは退団後、主にミュージカル女優として数々の名作に出演しています。



同じく男役のトップスターであった涼風真世さんも、退団後は舞台を中心に活躍しています。涼風さんは1981年に宝塚歌劇団に入団しました。宝塚時代に鍛えられた演技力と歌唱力を活かし、今も観客を魅了し続けています。

涼風真世 <出典:https://citydiver.net/words/4/04202/979>


涼風真世さんの退団理由は明らかにされていませんが、大地真央さんの退団理由は「30歳から新しいことを始めたかったため」と本人が発言しています。定年まで宝塚歌劇団で活躍を続ける劇団員の方も見られますが、大地さんのように「宝塚はいつか卒業するもの」と捉えている方も少なくありません。






他にはどんな退団理由がある?

宝塚からの退団理由は人によって異なりますが、退団理由の多くはその後の進路を見据えたものであるようです。
また、寿退団と呼ばれる退団理由もその1つです。もともと宝塚は未婚の女性だけで構成されている劇団であるため、結婚した場合は続けることができません。


success-in-taidan-television-and-movies




また、宝塚とは別の道で活躍をするために退団を決める方も多くいます。例えば「おかあさんといっしょ」のうたのおねえさんとして有名になったはいだしょうこさんも、元宝塚歌劇団員です。

はいだしょうこ <出典:http://spotlight-media.jp/article/224360392602637873>

はいださんは、昔から「おかあさんといっしょ」のおねえさんに憧れており、どうしてもうたのおねえさんになりたいと望んでいたため、退団を決めたと言われています。

他にも、男役の方が退団することによって、相手役の娘役の方が退団するケースもあります。




おわりに

宝塚歌劇団の退団者のうち、特に目立った活躍を続けている卒業生や、退団理由などについてご紹介しました。次の夢を叶えるために退団した方の中には、目的を達成した方もたくさんいます。これからも、宝塚の退団者は多方面で活躍していくことでしょう。宝塚歌劇団の現役スターだけでなく、退団が決まっている方の今後に注目することも面白いかもしれません。

タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!