3,760 views

本格的な活躍も期待!月組娘役・香咲蘭さん

誰もが認める月組のホープ・香咲蘭さんは、「RISA」の愛称で親しまれている娘役です。
香咲蘭
<出典:kageki.hankyu.co.jp>

本公演、新人公演のそれぞれで活躍中の香咲蘭さんってどんな人?
まだ情報が少ない香咲蘭さんだけに、そうお感じの方も多いはず。そこで、現在分かっている情報から香咲蘭さんのプロフィールをご紹介しましょう。

 

■入学から『風と共に去りぬ』までの香咲蘭さんプロフィール

大阪府大阪市出身の香咲蘭さんは、2006年に宝塚音楽学校に入学、2008年に宝塚歌劇団に入団した94期生です。
入団時の成績は17番目でした。月組公演『ME AND MY GIRL」で初舞台を踏んだ後、月組に配属されています。
香咲蘭
<出典:umi2012.blog.so-net.ne.jp>

『STUDIO 54』『アルジェの男』『エドワード8世 -王冠を賭けた恋-』、そして宝塚歌劇団の代表的な舞台である『ベルサイユのばら』、さらに日本物の『JIN-仁-』、そしてこちらも有名な作品である『風と共に去りぬ』などに相次いで出演、着実に舞台経験を積んでいる真っ最中のタカラジェンヌです。

 

■いよいよ本格的な活躍にも期待?


2015年の活動としては9月に東京のドラマシティで『DRAGON NIGHT!!』に出演、さらに11月からは『舞音-MANON-』に出演予定です。こちらは11月から宝塚大劇場、来年の1月からは東京宝塚劇場での公演となります。
舞音
<出典:www.youtube.com>

2008年に宝塚歌劇団に入団した香咲蘭さん、いよいよ本公演での役柄も重要なものになってきているので、その活躍は見逃せませんよ!

 

■香咲蘭さんが月組で期待されているという意味

ところで、月組というと公演数とタカラジェンヌの増加によって花組と分かれてできた組ですね。

そのため、設立当初から実力十分のスターが集まっているのは言うまでもありません。『ベルサイユのばら』『風と共に去りぬ』といった宝塚歌劇団の代表的な舞台を最初に上演した組でもあります。

そんな月組でホープとして期待される香咲蘭さん。今後どんな娘役に成長してその姿を見せてくれるのか、とても楽しみです。

カテゴリー
タグ 娘役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!