10,927 views

魅惑的な長身が魅力の男役・ひろ香祐さんの体型は父親譲りだった?

タカラジェンヌの中には、両親や親類が有名人だったり元タカラジェンヌだったりという人が珍しくありません。

ひろ香祐さんもそんな一人で、プロ野球選手の家庭に生まれたという話題性たっぷりの経歴を持ちます。
アスリートだった父親譲りといっても良い172cmの恵まれた体型を武器に、ひろ香祐さんは星組の男役として活躍中です。

これからさらに飛躍の段階に入った、ひろ香祐さんのプロフィールと魅力に迫ってみましょう。

成績優秀なひろ香祐さんの父親はアノ人

愛知県出身のひろ香祐さんは2007年に宝塚音楽学校に入学、2009年に95期生として入団しました。

ひろ香祐 <出典:kageki.hankyu.co.jp>

同期には礼真琴さん実咲凜音さん愛希れいかさんといったおなじみのメンバーがいます。
入団時の成績は45人中で2番!とても成績優秀なタカラジェンヌ人生のスタートとなりました。

そして、ひろ香祐さんの父親が中日ドラゴンズと阪神タイガースで活躍した大豊泰昭選手ということも大いに話題となりましたね。

大豊泰昭 <出典:www.saga-s.co.jp>

宙組公演『Amour それは…』で初舞台を踏んで、その後星組に配属。

現在も星組の男役として数々の舞台で活躍中です。

愛称とは裏腹に堅実かつ男気あふれる役者人生


某芸能人を彷彿とさせる「こりん」という愛称で親しまれているひろ香祐さんですが、実際にはアイドルっぽいイメージとはかけ離れた172cmのスラリとした長身の男役です。

長身 <出典:n-jinny.com>

ひろ香祐さんといえば父親が大豊泰昭選手であること、入団時の成績が上位であった点が注目されがちです。
しかし初舞台を踏んでからのひろ香祐さんの足跡は、さまざまな役を演じながら着実に演技力を身に着けていっているという堅実なものです。

2013年の『ロミオとジュリエット』の新人公演でロレンス神父を演じるなど、ストーリー上なくてはならない重要な役柄をこなすようになってきています。

その成果もあって2013年の『宝塚ジャポニズム〜序破急〜/怪盗楚留香外伝-花盗人-/Étoile de TAKARAZUKA』では台湾公演のメンバーに選出。
その後も2014年の『アルカサル ~王城~』のフェルナンド役を獲得するなど、着実にステップアップしている真っ最中です。

アルカサル ~王城~ <出典:kageki.hankyu.co.jp>

やはり男役は170cm超えの長身に萌えるというヅカファンの皆さん、これからもひろ香祐さんはそのお姿を数々の舞台で見せてくれるはずですよ♪

カテゴリー
タグ 男役
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

宝塚歌劇団の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!