名作エリザベートを宙組が。これまでの歴史を辿ろう

今年は宙組で『エリザベート』が上演されます! 宝塚歌劇団で上演されるのはこれが9回目。宙組としては18年ぶりの挑戦となります!
朝夏まなとさんのトート、実咲凜音さんのエリザベートに期待している方も多いのではないでしょうか?

この記事では、過去に上演された『エリザベート』について振り返ってみます!

・伝説の初演

1992年にウィーンで初演されたミュージカル『エリザベート』。宝塚歌劇団での初演は1996年の雪組でした。『エリザベート』自体が日本初上陸ということもあり、最初のうちはあまり注目されていなかったと言われています!

エリザベート <出典:http://kageki.hankyu.co.jp/revue/2016/elisabeth/>

その初演から今年でちょうど20年が経ちました。若いファンの中にはまだ生まれていなかった方もいるかもしれませんね!


主演のトートは一路真輝さん、エリザベートは花總まりさんでした。現在も専科で活躍中の轟悠さんはルキーニを演じていました。


轟さんの男らしさに、日本での上演を見に来たウィーンの関係者から「本物の男が混じっている」と言われたという伝説が残っています!




・ついに20周年!

宝塚歌劇団ではこれまでに8回上演されています。過去の主演は以下のとおり。

1996年 雪組 一路真輝
1996年 星組 麻路さき
1998年 宙組 姿月あさと
2002年 花組 春野寿美礼
2005年 月組 彩輝直
2007年 雪組 水夏希
2009年 月組 瀬奈じゅん
2014年 花組 明日海りお

これを見ると各組が2周目に入っていることがわかります。次は星組かも…?

・瀬奈じゅんさん

瀬奈じゅんさんは『エリザベート』に3回に出演しています。2002年はルキーニ、2005年はエリザベート、2009年はトートと、3役をこなしました!

エリザベート <出典:http://super-sonic.jp/works/%E5%AE%9D%E5%A1%9A%E6%AD%8C%E5%8A%87-%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%82%B6%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E6%84%9B%E3%81%A8%E6%AD%BB%E3%81%AE%E8%BC%AA%E8%88%9E/>

さらに退団後も東宝エリザベートで主演を務めています。エリザベートと縁の深いタカラジェンヌOGと言えるでしょう!

・ルキーニの法則

これまでルキーニを演じた人はほぼトップスターになっています!

望海風斗 <出典:http://astand.asahi.com/entertainment/starfile/gallery/140910/004.html>

2014年版の望海風斗さんはまだトップスターではありませんが、このままいけばトップスターになる可能性が非常に高いです!
2016年版でルキーニを演じる愛月ひかるさんにも注目ですね!

2016年宙組版エリザベートは宝塚大劇場が7月22日~8月22日、東京宝塚劇場が9月9日~10月16日の日程です。大人気公演なので、チケット入手が困難になることが予想されます。まぁ様の挑むトートをぜひお見逃しなく!

著者:宮島ムー(ヅカメモ管理人)

コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

公演・劇場情報の最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!