1,393 views

夏の甲子園2015で優勝の立役者となった東海大相模の2人のエース&他校注目選手


東海大相模で左のエースとして活躍した豪腕!

夏の甲子園2015でも脚光をびた注目選手が東海大相模小笠原慎之介投手(180センチ、83キロ、左投左打)です。


左腕から繰り出すストレートはMAX150キロを投げる力のある球を投げ、球種もカーブ・スライダー・チェンジアップ・ツーシームを操って投球することができます。神奈川大会決勝では強豪横浜高校を相手に完封で甲子園出場を決めています。プロの評価も高く、高校生投手No1の呼び声もあり、ドラフト1位指名は間違いないと言われている逸材です。





<出典:www.youtube.com>






東海大相模もうひとりの右の本格派エース


小笠原慎之介投手とともに東海大相模を引っ張ってきたのが右のエース吉田凌投手(181センチ、70キロ、右投右打)です。こちらもMAX151キロのストレートを投げ込む力があり、鋭く縦に落ちるスライダーを武器にしています。2年夏の神奈川大会決勝では大会タイ記録となる20奪三振を奪い一躍プロからも注目される選手となりました。

一時期不調が続きましたが夏の甲子園2015で小笠原投手と同様、東海大相模の優勝に大きく貢献しています。こちらもドラフトの注目選手として上位指名が確実と言われています。



<出典:www.youtube.com>



和製ベーブルースと呼ばれた早稲田実業1年生バッター

夏の甲子園2015では東海大相模の2人の投手以外にも注目選手が多く現れました。その中でも最も脚光を浴びたのが早稲田実業の清宮幸太郎選手(184センチ、97キロ、右投左打)でしょう。父親は元ラグビー選手で現在はラグビー・ヤマハ発動機の監督である清宮克行氏です。

夏の甲子園2015の西東京大会予選ではその恵まれた体格と天性のバッティングから1年生ながらにしてチームの4番を任せらました。その結果予選の大会では打率5割6分3厘、9打点の成績を残し甲子園出場を決めた立役者になっています。甲子園でも2本のホームランを放ち、早稲田実業の甲子園ベスト4に大きく貢献しました。1年生ですがすでにプロからも注目されている選手です。




<出典:www.youtube.com>





人材豊富な高校球児が活躍した夏の甲子園2015

夏の甲子園2015は紹介した選手以外にも注目選手が数多くおり、それぞれが活躍してとても盛り上がった大会になりました。そして明日に迫ったドラフト会議。今年は人材豊富な当たり年といえるかもしれません。


085ce_1277_e93b42ce_0de06d62-2
<出典:twiclub.com>

カテゴリー
タグ 野球
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

スポーツの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!