2,802 views

ベテランも若い世代も熱い!日本人選手の活躍が著しい卓球女子世界ツアー

国際卓球連盟卓球世界ツアーは、1996年から開催されており、2015年時点で年間15程度の大会が開かれています。女子のランキングでは、いまだ中国選手が多くトップテン入りしていますが、2014年末時点でトップテン入りしている石川佳純福原愛に続く若手も台頭してきており目が離せません。

福原愛
<出典:www.hochi.co.jp>



グランドファイナルを目指す卓球世界ツアー

国際卓球連盟卓球世界ツアーは、毎大会、男子と女子それぞれでシングル、ダブルス、アンダー21(21歳以下の選手)のトーナメント形式での試合が組まれます。テニスと同様にランキング上位の選手はシード選手となり、さらに、格付けの高いプレミアム大会(4大会)では、オリンピックと同様の形式の団体戦が組まれます。

卓球の世界ランキングは、公式の試合毎に与えられるレイティングポイントと、大会の上位選手に与えられるボーナスポイントにより毎月設定されます。一方、世界ツアーでは、参加条件をクリアし、大会の上位選手に与えられるポイントの累積点の高い選手がグランドファイナルに進むことができます。


卓球女子世界ツアー2014年グランドファイナルの優勝者は?


国際卓球連盟卓球世界ツアーの2014年のグランドファイナルに、男子、女子ともに5人が出場することができています。参加できる人数は16人なので、30%以上の日本人選手がグランドファイナルに出場できていることになり、日本のレベルの高さが分かります。また、女子の参加選手は、ベテランの平野早矢香から、若手の石川佳純まで幅広い年齢の選手が参加しており層の厚さも感じられます。

石川佳純
<出典:tono.hatenablog.com>

しかも、この大会では、水谷準石川佳純優勝しています。女子では、中国出身以外の選手が優勝するのは1996年以来になりますので、快挙となります。

水谷準
<出典:takkyu-navi.jp>


さらに若い世代が頭角を現す!2015年卓球女子世界ツアー

日本の女子卓球界は、後進の育成にも成功しています。2015年のドイツオープンでは、中学生の伊藤美誠が優勝しています。14歳152日での卓球世界ツアー優勝は、この時点で史上最年少となります。しかも、この大会の準決勝では、ロンドンオリンピック銅メダリストのフェン・ティアンウェイ(シンガーポール)をストレートで下しての快挙です。

伊藤美誠
<出典:matome.naver.jp>

彼女は、その後世界卓球選手権の代表選手にも選抜され、女子シングルでは、出場日本人選手中最高の準々決勝まで進出しています。この大会で、中国人選手以外で準々決勝に進出したのは伊藤美誠の他には、ドイツオープンで彼女が下したフェン・ティアンウェイ。大会後の世界ランキング(2015年5月)では、まだ、石川佳純、福原愛に続く11位ですが、今後の活躍が期待できます。"

頭と体をフルに回す卓球

第三代国際卓球連盟会長であった荻村伊智朗は「卓球はチェスをしながら100m走をするようなもの」という言葉を残しています。スピーディーな展開の中、相手の打つ玉の回転や、緩急を読みながらプレーするゲームは見るほどに面白くなります。特に広い年齢と個性を持つ選手の活躍する女子卓球は目が離せません。

カテゴリー
タグ 卓球
コメントを投稿する

この記事にコメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

スポーツの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!