5,842 views

ゴルフ選手が意外な場面で使用するゴルフクラブはこれだ!

プロゴルフ選手は、使用ゴルフクラブの判断を間違えるだけで、致命的なミスだといえます。
だからこそ、ゴルフクラブの使い方を熟知しているともいえます。

そんなプロゴルフ選手がする、意外なクラブの使い方をご紹介します。
ゴルフパット・場面 <出典:http://matome.naver.jp/odai/2145964951181608101/2146508591422621203>
 


フェアウェイキープ率を高めるための選択

プロゴルフ選手がプレーするコースは、アマチュアのプレーヤーがプレーするコースよりも非常に難易度が上がっています。
その代表的な違いが、ラフの深さです。

ゴルフクラブ <出典:http://kyudechisoku.com/archives/1048302830.html>
通常、ゴルフコースは、フェアウェイと呼ばれる短く芝が刈り込まれた部分が、最も打ちやすく設計されているため、1打目はフェアウェイキープを心がけます。
このとき、最も飛距離が出るクラブはドライバーなので、1打目はどうしても飛距離を出したいのですが、しかしドライバーの欠点はフェアウェイキープ率が下がるため、敢えて飛距離が落ちても正確性の高いスプーンを持つ選択もあります。

 

更に高い正確性を求めたいときは


アマチュアのゴルフ選手の場合、アイアンは基本的に9番アイアンから4番アイアンまで揃っていれば十分事足りるのではないでしょうか。
ロングアイアンは、ウッドよりも打つための難易度が高いですが、しかし、スプーンやバフィーよりも極めて高い正確性があります。
アイアン <出典:http://www.golf-okamura.com/golf/ping_i25Iron.html>
プロ選手の場合、アマチュアと違い、2番アイアンと3番アイアンをクラブに入れている選手がいます。
これは、非常に狭いフェアウィのコースで、確実にフェアウェイを捉えるためにティーショットで使います
なかなかアマチュアには難しい選択ですね。

 

アプローチにも使えるスプーン


スプーン <出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/sportsnetmatsuyama/d20138300017359d.html>

プロ選手でもアマチュア選手でも、ほんの数ヤードの距離のアプローチショットはプレッシャーがかかるものです。
300ヤードのドライバーショットであっても、3ヤードのアプローチショットであっても、同じ1打なので、特にアプローチショットの失敗は、後のホールまで精神的に引きずってしまいます

ですから、プロ選手は特にアプローチショットには、確実に自信のあるクラブを使います。
そのなかで、スプーンでアプローチを行う選手もいます。
パターと同じスイングで打ち出せば、距離感もつかめやすく、さらにある程度のキャリーも出せるので、意外とアプローチに使えるのです。
ゴルフパット・場面 <出典:http://golfmasters.biz/archives/76>

ゴルフは、セオリー通りのクラブ選択が基本だと思いますが、自信の無いショットのときは確実に「失敗しない」クラブ選択がスコアアップの秘密なのかもしれません。

カテゴリー
タグ ゴルフ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

スポーツの最新記事

特集記事

気になるエンタメ情報を調べる!